施設案内 相模原市古民家園


ページ番号1002762  最終更新日 令和3年6月25日


[画像]古民家園写真(127.2KB)

相模原市古民家園の基本情報

英語名称
Historical Residence(KOMINKA-EN)
所在地

〒252-0135 緑区大島3853-8(相模川自然の村公園内)

電話番号

042-760-1130

バリアフリー
開館(所・園)時間
午前9時30分から午後4時30分まで
ただし、7月、8月は午後5時30分まで
休館(所・園)日
12月28日から1月3日まで
その他、臨時に休園する場合があります
交通アクセス
JR・京王橋本駅南口からバス、「上大島」徒歩15分
または、コミュニティバス「相模川自然の村」徒歩5分
入園料

無料

バリアフリー対応について

駐車場(一般・障害者用)は、相模川自然の村公園内にあります。

地図

相模原市古民家園の地図


旧青柳寺庫裡

[画像]写真1(73.5KB)
[画像]写真2(73.3KB)

[画像]写真3(77.4KB)
[画像]写真4(85.8KB)

[画像]写真5(64.3KB)
[画像]写真6(53.1KB)

施設概要

古民家園は、平成10(1998)年4月、相模原市大島にある相模川自然の村公園内に開園しました。
園内に移築・復原された「旧青柳寺庫裡」は、江戸時代中期に建てられたと推定される建物で、神奈川県下の近世上層大形民家の間取りや構造を基本としながら、土間の妻側にも入口を設けた「妻入り」の形式となっていることなど庫裡独自の要素を保っています。
県下では、茅葺き屋根の維持が困難なことや生活の変化のため、近世の庫裡はあまり残っていません。旧青柳寺庫裡は年代が古いにもかかわらず保存状態が良く、近世における庫裡と民家との建築的関連を考えるうえで貴重な建物であることから、神奈川県指定重要文化財として保存されています(昭和56年7月17日指定)。
平成30(2018)年9月には、平成10(1998)年3月の復原整備から約20年が経過し、旧青柳寺庫裡の茅葺屋根の傷みが大きくなったことから、屋根の全面葺き替えに着手したほか、土間・軒下の補修や建具の修繕なども行い、平成31(2019)年3月に装いも新たになりました。
(注)庫裡とは、もと寺の台所をいい、転じて、住職や家族の居間のこと。

古民家園事業年間予定

旧青柳寺庫裡の保存・普及のため、文化財調査・普及員による囲炉裏での燻蒸や各種普及事業を行っています。また、地元有志の人のご協力による普及事業も行っています。

古民家園普及事業の予定は次のページをご覧ください。原則毎月第4日曜日、開始時間は原則午前10時からです。
詳細は、「広報さがみはら」などに掲載します。

利用上のお願い


関連情報


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


文化財保護課
電話:042-769-8371 ファクス:042-758-9036


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.