都市内分権モデル事業


ページ番号1004994 


「地域を考える場」の開催経過について

さがみはら都市みらい研究所における市民と職員の2か年にわたる研究成果をもとに、都市内分権のモデル事業を実施しました。
この都市内分権は、地域課題の解決に地域で取り組む仕組みづくりを中心とした「市民分権」と、そのような地域住民と連携して行政を進めていくため、できるだけ地域に近いところで総合的な行政サービスの提供を行う仕組みづくりを中心とした「行政分権」の二つの取り組みを柱としています。
平成17年度から平成18年度にかけて、市内の小山地域と田名地域の2地域で、市民分権に関連する「地域パートナーシップモデル事業」を実施し、「地域を考える場」の設置に取り組みました。
「退職後は地域で活動したい」「サークル活動を地域に役立てたい」「若いパワーとアイデアを地域で活かしたい」など、地域のことを最もよく知っている人が主役となり活動が行われました。

  1. 「地域を考える場」とは?
    地域の様々な分野で活躍する人や、地域をもっと良くしたいと思う人たちが、それぞれの課題や情報を持ち寄って、対等な立場で思いや意見を交換します。そして、地域の課題をどう解決すればいいのか、みんなでアイデアを出し合い解決策をまとめ、実際の行動につなげます。
  2. 参加資格
    地域に在住、在勤、在学している人、地域でNPO活動やボランティア活動などをしている人、地域に関心のある人など、「地域をもっとよくしたい!」という思いがあればどなたでも参加できます。

「地域を考える場」開催経過(議事概要一覧)

小山地域 「住みよい小山をつくる会」


田名地域 「みんなでつくる田名の会」

相模原市における都市内分権に関する研究(最終報告書)


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


区政推進課
電話:042-769-9814 ファクス:042-754-7990


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.