内部統制制度について


ページ番号1019228  最終更新日 令和4年8月23日


地方自治法(昭和22年法律第67号)第150条の規定により、市長は、その担任する事務について、その管理及び執行が法令に適合し、かつ、適正に行われるための方針を策定し、当該方針に基づき必要な体制を整備することとされています。
市では、「相模原市内部統制基本方針」を策定し、当該方針に基づき必要な体制を整備し、運用しています。

相模原市内部統制基本方針

市政に対する市民の信用の維持・向上及び質の高い市民サービスの継続的・安定的な提供に寄与するため、地方自治法第150条第1項の規定に基づき、「相模原市内部統制基本方針」を策定しました。

相模原市内部統制評価報告書

地方自治法第150条第4項の規定に基づき、「相模原市内部統制評価報告書」を作成しました。
また、同条第6項の規定に基づき、「相模原市内部統制評価報告書」を監査委員の審査意見を付して、議会に提出しました。

令和3年度

令和2年度


関連情報


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


コンプライアンス推進課
電話:042-707-7040 ファクス:042-769-4445


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.