土地区画整理事業


ページ番号1004668 


土地区画整理事業とは

土地区画整理法に基づき、公共施設の整備改善や宅地の利用増進を図るために、土地の区画形質の変更と公共施設の新設又は変更を行う事業で、市街地整備を行う代表的な手法として広く活用されています。
道路、公園等の公共施設と宅地の総合的な整備を行うことが可能であることが特徴です。

土地区画整理事業の仕組み

土地の面積や位置に応じて、少しずつ土地を提供(減歩)していただき、道路、公園等の公共施設用地に充てるほか、事業資金の一部とするために売却する土地(保留地)に充てる仕組みが設けられており、公共施設と宅地を一体的に整備することで、公共施設の整備改善と宅地の利用増進が図られます。この際、宅地の面積は従前に比べ小さくなりますが、地形や形状が改善され、利用価値の高い宅地(換地)となります。

土地区画整理事業区域内における建築行為等について

現在施行中の当麻宿地区及び麻溝台・新磯野第一整備地区において、土地の形質の変更や建築物その他工作物の新築、改築若しくは増築等を行う場合、土地区画整理法第76条に基づく許可が必要となります。

都市計画決定された土地区画整理事業区域内での建築行為等について

都市計画決定された土地区画整理事業の施行区域内において、建築物の新築、増築、改築若しくは移転を行う場合、都市計画法第53条に基づく許可が必要となります。
※申請箇所における都市計画決定内容が土地区画整理事業のみの場合、都市整備課が受付窓口となります。(その他の案件は、都市計画課が受付窓口となります。)
※土地区画整理事業の事業認可後は土地区画整理法第76条に基づく許可が必要となりますのでご注意ください。(都市計画法第53条による許可は不要となります。)

相模原市の土地区画整理事業の概要


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


都市整備課
電話:042-769-8259(まちづくり班、当麻地区整備班)
電話:042-769-8258(駐車場・自転車対策班)
ファクス:042-754-8490


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.