生産緑地地区制度と指定手続きについて


ページ番号1004652 


生産緑地地区制度は、市街化区域内において緑地や防災上の空地などの役割を持っている農地を保全し、良好な都市環境の形成を目的として指定する制度です。

相模原都市計画区域(旧相模原市と旧城山町)が対象です。

お知らせ

生産緑地地区の指定について

相模原市では、市街化区域内において適正に管理されている良好な農地のうち、生産緑地法で定められた要件を満たし、市の基準に該当するものについて、都市計画の手続きを経て、生産緑地地区として指定しています。

生産緑地地区指定の流れ(時期は変更になる可能性があります。)

  1. 相談(随時)
  2. 当該年度指定分の相談受付締切(6月頃)
    (市による審査を行います。)
  3. 審査結果の通知(市から相談者へ)(7月頃)
  4. 指定申出書提出(申出者から市へ)(7月頃)
    (都市計画の手続きを行います。)
  5. 生産緑地地区の指定(都市計画決定)(11月頃)
  6. 決定通知の送付(市から申出者へ)(12月頃)

生産緑地地区の指定に伴う主な制限等

生産緑地地区に指定されると、以下のような制限等があります。

生産緑地地区の指定に必要な要件

原則として、次のアからクの全てに該当する必要があります。
ア 現況が農地であること
イ 300平方メートル以上の規模の区域であること(注1)(注2)
ウ 土地の関係権利者の同意を得ていること
エ 工業専用地域の区域外であること
オ 防火地域の区域外であること
カ 農地転用の届出が行われていないこと
キ 土地区画整理事業施行区域外であること(注3)
ク 農地の適正管理に必要な農機具等の搬入通路が確保されていること

(注1)市では、生産緑地法の改正を受け、これまで500平方メートル以上としていた生産緑地地区の規模要件を、条例により300平方メートル以上に引下げました。(平成30年3月26日施行)
(注2)一団と認められれば、他の人の農地と合わせて300平方メートル以上となる場合も要件に該当します。
(注3)相模原都市建設区画整理事業(軍都計画)の区域内は除きます。

また、次のケからスのうち、いずれか一つに該当する必要があります。
ケ 公園、緑地等が少なく木造建築物等が密集した地区内にあること
コ 250メートル以内に1,000平方メートル以上の街区公園がなく、それに準ずる緑地効果が期待できる農地
であること
サ 指定することにより、既指定の生産緑地地区の一体化、または整形化が図られること
シ 一時避難場所、広域避難場所及び公共施設のいずれかに隣接していること
ス 一家の農地面積が1,000平方メートル以上で、その全てが良好な営農状況であること

注意事項

相談窓口のご案内


関連情報


都市計画課
電話:042-769-8247 ファクス:042-754-8490


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.