都市計画マスタープラン


ページ番号1004702 


都市計画マスタープランとは

都市計画マスタープランは、都市の将来像を明確にし、土地利用・都市開発・道路・公園づくりなど、都市計画(都市づくり)を定める際の基本的な方針を定めたものです。

都市計画マスタープランの位置付け

都市計画マスタープランは、都市計画法第18条の2に基づく「市の都市計画に関する基本的な方針」として定めるものです。
議会の議決を経て定められた「相模原市総合計画基本構想」と「都市計画区域の整備、開発及び保全の方針」に即して定めています。

[画像]相模原市総合計画の体系図(67.5KB)

相模原市 都市計画マスタープラン(令和2年3月)

本プランは、人口減少・超高齢化などの社会情勢や、それに伴う環境の変化など本市を取り巻く状況が大きく変化している中、おおむね20年後の目指すべき相模原市の将来像とその実現に向け、「社会情勢等の変化に柔軟に適応した集約連携型のまち」を目指して、相模原市立地適正化計画と合わせて策定したものです。
将来都市構造や土地利用、交通体系などの都市づくりの方針を定めた「全体構想」と、各区の特性に応じた都市づくりの方針を定めた「区別構想」などで構成しています。

(本編)

(概要版)


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


都市計画課
電話:042-769-8247 ファクス:042-754-8490


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.