建物の確認済証が見当たらないときは


ページ番号1004789  最終更新日 令和3年4月9日


建築確認や検査が行われた際に交付している確認済証・検査済証の再交付を行うことはできません。
相模原市では、確認済証を紛失し、各種手続に添付書類として必要な場合に証明書を発行しています。
 (例:建物の表示登記手続きや銀行ローンの借り換えなど)
証明内容は、建築台帳に記載されている事項のうち、建築主の住所・氏名、地名地番、主要用途、延べ面積、確認番号、確認年月日、検査済証番号、検査済交付年月日です。

申請の方法

「窓口閲覧システム(タッチパネル)による申請方法」と「申請書による申請方法」がございます。
新型コロナウイルス感染拡大防止を図り、人と人の接触を最小限とするため、「窓口閲覧システム」による申請をお願いしております。

※電話、ファクス等による証明の有無等についてのお問い合わせには、お答えできませんのでご了承ください。

証明申請における必要事項(証明の申請には物件の特定が必要です。)

証明の申請には、物件の特定が必要となります。つきましては、次の情報が必要となりますので、お調べの上、来庁してください。
(1)建築確認の年月日及び番号(建築確認申請書の副本で確認可能です。)
(2)建築当時の地名地番(現在の住居表示ではありません。)
(3)建築当時の建築主名(現在の所有者と同一でない場合があります。)

※物件が特定できる書類(建築主が記載されている登記簿など)をご提示ください。
※上記の情報があっても、物件を特定できない場合、台帳が存在しない場合等は証明書を発行できません。

証明手数料

一件につき300円
相模原市については、昭和46年1月1日以降に確認申請された建築物の証明書になります。
旧津久井地域(城山町・津久井町・相模湖町・藤野町)については、昭和53年4月1日以降に確認申請された建築物の証明書になります。

指定確認検査機関の取扱物件の証明

各指定確認検査機関が行った確認等についても、上記の証明を行います。


建築審査課
電話:042-769-8255 ファクス:042-757-6859


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.