長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づく長期優良住宅建築等計画の認定について


ページ番号1004759 


長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅である「長期優良住宅」について、その建築及び維持保全に関する「長期優良住宅建築等計画」の認定制度が平成21年6月4日に施行されました。
この法律では、長期優良住宅の普及の促進のため、構造躯体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性の性能を有し、かつ、良好な景観の形成に配慮した居住環境や一定の住戸面積を有する住宅の建築計画及び一定の維持保全計画を策定して、認定の申請をするものです。この計画の認定を受けた住宅については、認定長期優良住宅建築等計画に基づき、建築及び維持保全を行うこととなります。

※平成28年4月1日から、既存住宅を増改築する場合も認定の対象となりました。

認定基準

本市において長期優良住宅建築等計画の認定を行うためには、当該住宅が下記の基準を満たしていることが必要です。

長期使用構造等であること

次の項目について「長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準」(平成21年国土交通省告示第209号)を満たすものであること

住戸面積(1戸あたり)少なくとも1の階の床面積が40平方メートル以上(階段部分を除く面積)

居住環境の維持及び向上への配慮

建築後の住宅の維持保全の期間が30年以上であること。

資金計画が建築・維持保全を遂行するため適切なものであること。

長期優良住宅建築等計画の認定申請手続

※新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言の発令により、郵送等による受付を行います。
窓口での申請より期間を要しますので、余裕をもって申請をしてください。

住宅建設工事の着工前に長期優良住宅建築等計画認定申請書及び添付図書をお持ちください。
本市への申請前に、登録住宅性能評価機関による認定基準に適合しているかどうかの技術的審査を受け、当該機関による適合証を添付していただくことが可能です。

(注)本市への認定申請に先立って、登録住宅性能評価機関による技術的審査を受けたものについては、認定手数料が減額されます。
(注)申請受付に時間を要する場合がありますので午後4時30分頃までを目安にお越しください。

長期優良住宅建築等計画の認定申請手数料

長期優良住宅建築等計画の認定に関するその他の手続き

「長期優良住宅の普及に関する法律の施行に関する規則」第14条の規定に基づいて、次の手続きに必要な様式を定めています。

申請を取り下げようとするとき(規則第6条関係)

省令第7条に規定する軽微な変更をしようとするとき(第8条関係)

長期優良住宅の建築の工事が完了したとき(第10条関係)

長期優良住宅の建築又は維持保全を取りやめようとするとき(第11条関係)


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


建築・住まい政策課(耐震推進班)
電話:042-769-8252 ファクス:042-757-6859


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.