生産緑地の買取りの申出の手続き


ページ番号1004752 


生産緑地の買取申出制度とは

生産緑地所有者の権利救済の観点から、予測可能な期間を経過した場合や、明らかな事情変更があった場合には、その後の農業の継続が困難になることが予想され、生産緑地地区における行為制限のため、市場における譲渡性に欠けることから、相模原市長(以下「市長」といいます)に対して時価で買取りを申し出ることができます。

制度の内容

買取申出 生産緑地法第10条

次の要件のいずれかに該当する場合には、生産緑地の買取申出ができます。

  1. 生産緑地の告示の日から30年を経過した場合
  2. 農業の主たる従事者が死亡した場合
  3. 農業に従事することを不可能とさせる故障を有する場合

買取希望申出 生産緑地法第15条

次の要件に該当する場合には、生産緑地の買取希望申出ができます。

  1. 農業に従事することが困難となるような故障を有する場合

故障の場合の事前審査

申出の理由が「故障」の場合には、買取申出が可能かどうかを審査する必要がありますので、 買取申出等を提出する前に、「生産緑地買取申出用説明書」に医師の診断書を添付して提出してください。
「生産緑地買取申出用説明書」の受理後、市長は申出者への聞き取り調査及び医師の診断書により、故障の認定を行います。
市長の認定により、買取申出(第10条)に該当する場合は行為制限解除が適用になりますが、 買取希望申出(第15条)に該当する場合は行為制限は解除されません。

買取申出の手続き

  1. 市長は、申出があった日から1カ月以内に、買取るかどうかの通知をします。
  2. 市長が買取らない場合は、他の農業従事者に斡旋します。
  3. 申出日から3カ月以内に生産緑地の所有権の移転が行われなかったときは、生産緑地地区内における行為の制限が解除されます。

買取申出に要する添付図書


都市計画課
電話:042-769-8247 ファクス:042-754-8490


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.