vol.2 キンモクセイ×僕らが植えた金木犀


ページ番号1017642 


[画像]このまちがスキVol.2の画像(152.5KB)

広報さがみはら10月1日号16面の連載企画「発見!サガミズーム このまちがスキ」に掲載しきれなった
取材時の様子やインタビューの一部を掲載します。

[画像]キンモクセイがインタビュー前に談笑している様子の写真(56.4KB)
[画像]キンモクセイがインタビューを受けている写真1(52.0KB)
[画像]キンモクセイがインタビューを受けている写真2(64.1KB)

直撃インタビュー

Q:相模原市のお気に入りの場所はどこですか。
A:相模原市役所の展望台です。
昔から高いところや眺めの良いところが好きで、特に生まれ育った街並みが見渡せる市役所の展望台は僕の癒しの場です(伊藤)。

Q:相模原市にまつわる思い出、エピソードを教えてください。
A:相模大野の駅前などでのストリートライブや、新昭和橋の下での練習が思い出深いです。
東林間の練習スタジオ『フォルテ』でよく練習していて、店主の名前を知らずに勝手にあだ名を付けていました。数えきれない音楽への原点がここにはあります。

Q:市制50周年記念イベントで金木犀を植樹した時の思い出、エピソードを教えてください。
A:デビューして4年目。金木犀の植樹と共に淵野辺公園にある相模原球場でライブを行いました。
淵野辺公園はTHE地元。普段からよく散歩する場所。
公園には球場が2つあって、小さい方の球場には、少年野球の大会で出ていました。
大きい方の相模原球場は、大人が使う大きな場所っていうイメージ。
こんなに大きな球場でライブをすることははじめてで、地元なんだけど特別な場所にいる自分達。
そこに家族はもちろん、友人やアルバイト先のみんなが来てくれていること。なんとも言えない、興味深く不思議な気持ちと喜びにあふれた1日でした。
また、世界の片山右京さんにお会いできたのも嬉しかったです。とても気さくな方でお互いに地元の話で盛り上がり、あぁ、地元ってすごいと思いました。

Q:10年ぶりに活動を再開したときは、どのような気持ちでしたか。
A:5人揃ったのは本当に10年ぶりだったので、会う前はかなり緊張しました。
でも再会して、5人揃ったら、10年の空白は一瞬で埋まったんです。

Q:10月15日の市民会館でのライブへの意気込みを教えてください。
A:5人揃ってまた皆さんの前で演奏できることを今から楽しみにしています。
感謝の気持ちを音にして届けます。
はじめましての方には、CDとは違う生キンモクセイの自由なMC(曲間のトーク)もお楽しみに!


関連情報


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


広聴広報課
電話:042-769-8200 ファクス:042-753-7831


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.