住民請求監査の概要


ページ番号1004875 


住民監査請求は、相模原市民の方が、市長、委員会などの執行機関又は市の職員による公金の支出、財産の管理、契約の締結などの財務会計上の行為(又は怠る事実)が違法又は不当であると認めるとき、このことを証明する書面を添えて、監査委員に対し監査を求め、必要な措置を講ずることを請求するものです(地方自治法第242条)。
また、この住民監査請求をする場合、特に必要と認めるときは、監査委員の監査に代えて個別外部監査人による監査(外部の専門家による監査)によることを請求書に理由を付して求めることができます。
この求めがあった場合、個別外部監査人による監査を実施するかどうかは、監査委員が協議を行い決定します(個別外部監査人の選任は、市長が行います。)。なお、監査委員が行う監査の場合は、請求があった日から60日以内に監査を行うことになりますが、個別外部監査人による監査の場合は、請求があった日から90日以内に監査を行うことになります。

住民監査請求の陳述日程

地方自治法(昭和22年法律第67号)第242条第7項及び第8項に基づく陳述の日程については、次のとおりです。

注意事項

その他、陳述の詳細については、「住民監査請求に関する証拠の提出及び陳述の取扱基準」を参照してください。


関連情報


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


監査委員事務局
電話:042-769-8291 ファクス:042-753-9413(代表)


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.