ヘリコプター騒音 キャンプ座間・相模総合補給廠


ページ番号1005632 


ヘリコプター騒音の概要

[画像]米海軍ヘリコプターの写真(25.5KB)

米軍ヘリコプターの低空飛行・旋回飛行によって生じる騒音や振動が、市民の方々に大きな被害を与えています。市では状況を把握するため、キャンプ座間及び相模総合補給廠の周辺において、騒音記録計を設置してデータ収集をしており、測定されたデータは国や米軍への要請活動等に活用しています。

各基地の騒音状況

キャンプ座間北西部にあるヘリポートは、主に基地間の移動に用いられていますが、パイロットの技術を維持する目的などのため、ヘリポート及び基地の周辺において訓練飛行が行われることもあり、こうした訓練による騒音や振動が近隣の住民に被害を及ぼしています。
また、厚木基地所属の米海軍ヘリコプターが頻繁に飛来し、周辺の住宅地上空で低空・旋回飛行を繰り返しているため、市民から苦情が多数寄せられています。
一方、相模総合補給廠にある連絡用のヘリポートにおいても、横田基地所属の米空軍ヘリコプターが頻繁に飛来し、低空・旋回飛行を行っているため、市民から苦情が寄せられています。

市の取組

市では、相模原市米軍基地返還促進等市民協議会とともに、米軍ヘリコプターによる基地周辺の飛行に関する諸問題に取り組み、米軍ヘリコプターの住宅密集地上空での飛行禁止、国の責任に基づく代替訓練施設の米軍への提供など、騒音問題の抜本的解決を図るよう、国及び米軍に強く求めています。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


基地対策課
電話:042-769-8207 ファクス:042-754-2280


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.