性的少数者(セクシュアル・マイノリティ)に関する取組


ページ番号1020931  最終更新日 令和3年8月31日


相模原市パートナーシップ宣誓制度

本市では、性的少数者の方の自分らしい生き方を後押しするとともに、性の多様性に関する社会的な理解を促進し、市民一人ひとりがかけがえのない個人として尊重され、お互いの人権を認め合う共生社会の実現を目指すため、令和2年4月から新たに「相模原市パートナーシップ宣誓制度」を開始しました。

性的少数者(セクシュアル・マイノリティ)の相談について

本市では、多様な性のあり方を理解し、個性を尊重する教育や啓発を推進しています。
また、性的少数者の人たちが自分らしく生活できるよう、専門の相談機関ではありませんがお話を伺っています。

もっと知ってほしい。多様な性のあり方のこと。

「自分自身の性」ってなんだろう。「スキ」ってなんだろう。
「性」は、「男性」「女性」だけではありません。
「性」は、とても多様なものなのです。

相模原市では、そんな多様な性のあり方について、皆さまにもっと知っていただけるよう、リーフレットを作成しました。

多様な性とは

(1)からだの性

(2)こころの性(性自認)

(3)好きになる性(性的指向)

(4)表現する性

「こころの性(性自認)」という表現について
自分の性別を、「男性」「女性」「どちらでもない」「どちらでもある」「中間である」「変化する」など、どのように感じているかを『性自認』と言います。
『性自認』のことを『こころの性』と表現することについては、「こころに性別はない」「こころの中まで性別二元論を持ち込みたくない」など、様々な捉え方があります。

本人の想いを大切にしましょう

本人の意に沿わないカミングアウト(自身の性のあり方を他者に公表すること)の強要はやめましょう。

本人の同意なく、性のあり方を他人に暴露すること(いわゆる「アウティング」)はやめましょう。

九都県市でLGBT配慮促進キャンペーンを実施します

九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)では、LGBT(性的少数者)への配慮促進に向けて、共通メッセージを作成し、啓発活動を実施しています。

九都県市共通メッセージ
あなたはあなたのままでいい 〜Just the Way You Are〜

九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)は性的指向や性自認による偏見や差別のない社会をめざします。

[画像]九都県市LGBT配慮促進キャンペーンの画像(25.4KB)

相模原市職員ガイドライン

本市では、市職員や市の関係者が性的少数者の方に対する正しい理解のもと、状況に応じた適切な対応ができるよう「性の多様性を知り、適切な対応をするための相模原市職員ガイドライン」を作成しました。
ガイドラインでは、性の多様性に関する基礎知識のほか、場面ごとの適切な対応や考え方、対応事例等を紹介しています。

1. 性の多様性に関する基礎知識 
2. 市民への配慮・対応
3. 学校等における子どもへの配慮・対応 
4. 職場における配慮・対応 
5. パートナーシップ宣誓制度について 
6. 相談窓口等 


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


人権・男女共同参画課
電話:042-769-8205 ファクス:042-754-7990

人権・男女共同参画課
電話:042-769-8205 ファクス:042-754-7990


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.