SRIMS(相模原市道路情報管理システム)について


ページ番号1004539 


SRIMSとは「Sagamihara Road Information Management System」の略で、地図と情報を一体で管理できるGIS(地理情報システム)です。
道路法で定められた道路台帳(道路台帳平面図と調書)及び関係する各種図面等を電子化し一元管理することで、道路財産の適正な維持管理を行うとともに、道路管理業務を含む各種地理関連業務の効率化や、市民の方々への図面閲覧サービスの向上を図ることなどを目的に開発されました。
平成9年度から調査研究に着手し、平成13年度からシステムの開発を行い、平成19年度に基本システムの開発が終了しました。以降、必要に応じて機能追加や改修などを実施しています。
道路台帳のデータ整備につきましては、平成17年度からは応用性の高いデジタル図面への転換、平成18年度からは各種調書を作成するための調書データ整備も併せて行い、平成25年度までに旧市域及び旧城山町(一部地域を除く)の整備が完了しています。

SRIMS(相模原市道路情報管理システム 通称 スリムス)

SRIMS-VF(スリムス‐VF)タッチパネルシステム

市民の方が電子化された次の図面をタッチパネル式端末機にて自由に閲覧、印刷(実費負担)できます。市役所第1別館、津久井土木事務所、緑土木事務所及び南土木事務所に計9台設置しています

道路台帳平面図、基準点座標・境界点座標一覧表は、以下の地域を除く市域でご利用いただけます。
(ご利用いただけない地域)
緑区の青根、青野原、青山、太井、小倉の一部、小原、小渕、川尻の一部、久保沢の一部、佐野川、澤井、寸沢嵐、谷ヶ原の一部、千木良、鳥屋、中沢の一部、長竹、中野、名倉、根小屋、葉山島、日連、牧野、又野、三井、三ヶ木、吉野、与瀬、与瀬本町及び若柳

指定道路図(建築基準法道路図)は、旧市域と城山地区でご利用いただけます。下水道施設台帳平面図は、旧市域でご利用いただけます。

市民要望対応機能

市民の方々から寄せられる道路の破損情報や補修要望等について、要望等の内容や位置情報などをシステムで管理し、関係部署で共有化することにより、迅速な対応と事務の効率化に役立っています。

業務システム

SRIMSの汎用性の高い各種機能は、道路管理業務以外においても庁内の多種多様な業務に利活用され、業務の効率化や経費の節減などに役立っています。

文中の用語説明

GIS(地理情報システム)

Geographic Information Systemの略で、位置や空間に関する様々な情報を、コンピュータを用いて重ね合わせ、情報の分析・解析を行い、情報を視覚的に表示させるシステムです。

デジタル図面

図形や記号に座標値という位置情報が付加され、システム内で地図データを管理・加工することが可能な地図です。他のシステムとのデータ相互利用や共有化ができることで重複データ整備の回避できます。


路政課
電話:042-769-8359(路政班)
電話:042-769-9229(システム班)
電話:042-707-7050(維持管理班)
ファクス:042-754-8490


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.