農地中間管理事業について


ページ番号1003436  最終更新日 令和1年9月20日


平成26年7月1日に、公益社団法人神奈川県農業公社(以下、県農業公社という。)が神奈川県の農地中間管理機構(以下、機構という。)に指定され、農地中間管理事業がスタートしました。

農地中間管理事業とは、農業振興地域内の農用地等を対象に、農業をやめる人や農業の規模を縮小される人から、機構が農地を借り受け、農業経営の規模拡大や新規参入をされる人に貸し付けることにより、農地利用の集積・集約化を進める事業です。

農地を借りたい人へ

農地を借りたい人は、機構が実施する「借受希望者の募集」に応募してください。募集は通年で行っております。詳細は、上記「農地中間管理事業(県農業公社)」からご確認ください。
借受申出書に必要事項を記入し、借受を希望する農地が旧相模原市の区域の場合は、相模原市農協営農センターへ、また、津久井地域の場合は神奈川つくい農協経済部に提出してください。県農業公社に直接提出することも可能です。

農地を貸したい人へ

農地所有者から機構への農地の貸付は、随時受付しています。農地を貸し付けるには要件がありますので、まずは、貸付を希望する農地が旧相模原市の区域の場合は、相模原市農協営農センターへ、また、津久井地域の場合は神奈川つくい農協経済部へご相談ください。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


農政課(農政班)
電話:042-769-9233 ファクス:042-754-1064


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.