農業体験学習について


ページ番号1003425  最終更新日 令和4年8月8日


相模原市農業体験学習推進協議会では、市内在住の小学校5、6年生の児童を対象に、田植えから稲刈りまで一連のお米作り体験を中心とした農業体験学習事業を行っています。
10アールもの広さの水田に裸足で入り、1株1株丁寧に苗を植え、雑草を抜き、実った稲を一束ずつ鎌で刈り取ることにより、農作業の大変さや食べ物の大切さを、実体験をとおして学ぶことができます。そして、収穫したお米を使用して、「餅つき」や「親子で料理体験」を行い、自分たちで育て収穫したものを食べる喜びを感じることができます。また、参加者の中からさらに希望者を募って開催する「農業めぐり」では、市内の農家等を訪問し、農産物の収穫体験や施設見学を行うことで、相模原市の農業についても知ることができます。
全ての活動が終了したら、参加児童から感想を集め、活動報告集として参加児童全員に配布します。

[画像]田植えの様子(45.1KB)
[画像]稲刈りの様子(47.5KB)

体験学習の概要

農業体験通信〜田んぼからの手紙〜(令和4年度)

体験学習の様子はもちろん、稲の生育状況や米作りの豆知識、相模原市の農業について、紹介します。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


農政課(農産班)
電話:042-769-8239 ファクス:042-754-1064


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.