融資制度・保証制度


ページ番号1003293  最終更新日 令和4年7月22日


新型コロナウイルス感染症により影響を受けている中小企業の皆さまへ

ウクライナ情勢の影響を受ける中小企業の皆さまへ

本市では、中小企業の皆さまの資金繰りを支援するために「相模原市中小企業融資制度」を設けております。
売上高等の減少などを要件とした資金(景気対策特別資金)や、新型コロナウイルス感染症等の影響による売上高等の減少などを要件とした資金(経営安定支援資金)があります。
各資金の内容につきましては、次の「相模原市中小企業融資制度のご案内」をご確認ください。

また、令和4年度については、原油・原材料の高騰等による売上総利益額の減少などを要件とした資金(原油・原材料高騰等対策特別資金)があります。内容につきましては、次の「原油・原材料高騰等対策特別資金の概要」をご確認ください。

(取扱金融機関用)

セーフティネット保証関係や他機関の融資制度等につきましては、次のリンク先をご確認ください。

融資制度

保証制度

セーフティネット保証等認定に係る要件が緩和されました

新型コロナウイルス感染症による影響の重大性に鑑み、認定基準の要件が緩和されました。

1 創業者及び事業拡大した事業者について、対象要件の拡充

  1. 相模原市において業歴3カ月以上1年1カ月未満の事業者
  2. 前年以降の店舗増加等によって、単純な売上高等の比較では認定が困難な事業者

2 「最近1カ月」の売上高等の弾力的な取り扱い

Gotoキャンペーンを含む各種支援策などにより、「最近1カ月」の売上高等が前年同期と比較して増加しているなど、前年同期との比較が適当では無いと認められる場合には、「最近6カ月以内の平均」の売上高等と「対前年同期の平均」の売上高等と比較することができます。

なお、要件緩和に伴う認定申請書の改正はありませんので、「最近1カ月間」を「最近6カ月以内の平均」に読み替えて記入してください。また、認定申請書の「3 売上高等が減少し、又は減少すると見込まれる理由」欄に、最近1カ月の売上高等での比較が適当ではない理由を記入してください。

セーフティネット保証等の申請における必要書類の簡素化をはかりました

必要書類は「認定申請書」、「売上高等計算表兼委任状」、「事業実態確認書類」の3点となります。今まで添付書類として求めていた納税確認書類、売上減少の根拠書類、許認可証については提出が不要となりました。詳細につきましては、各該当ページにてご確認ください。

市以外の融資制度

取扱金融機関向け情報


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


産業支援課
電話:042-769-8237(金融・経営支援班)
電話:042-707-7154(ロボット・企業支援班)
ファクス:042-754-1064


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.