第16回 淵野辺駅前 軍都として区画整理も 平成27年1月21日掲載記事


ページ番号1010922 


[画像]区画整理が行われる前の淵野辺駅前の写真(49.0KB)
[画像]現在の淵野辺駅北口前の写真(50.0KB)

太平洋戦争が始まった昭和16(1941)年に、淵野辺駅北口前を写したのが上の古写真。正面の道を直進すれば、現在なら桜美林大学に至る。
相模原郷土懇話会会長の石井篁さん(83)によると、軍施設の多い相模原は昭和13(38)年から、軍都としての大規模な区画整理が始まった。この写真はまだ、区画整理前の駅前だ。
「右側の2階建ての建物が『守屋』という旅館。軍関係の仕事をする人たちも泊まったようだ」と石井さん。横浜線にはまだ古淵駅も矢部駅もなかった。
「横浜方面へ通勤する人もいて、雨の日には帰宅する父親や兄のために、傘や長靴を持って駅へ迎えに行く子どもたちの姿があった」と石井さんは振り返る。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


広聴広報課
電話:042-769-8200 ファクス:042-753-7831


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.