第15回 相模湖インターチェンジ周辺 土地買収で資金が流入 平成27年1月14日掲載記事


ページ番号1010921 


[画像]建設中の相模湖インターチェンジの写真(49.4KB)
[画像]現在の現在の相模湖インターチェンジ周辺の写真(49.7KB)

かつて甲州街道の宿場として栄えた吉野宿(相模原市緑区吉野)。だが、中央本線の鉄道が走るようになると、近くに駅が造られなかった吉野地区は衰退の道をたどり始めた。
そんな地区が盛り上がりを見せたのが、中央高速道路と相模湖インターチェンジ(IC)が建設された昭和30年代末から同40年代初め。
「ICと国道20号を結ぶアプローチ道路は、かつて一面の麦畑だったが、風景が一変した」と近くに住む大房晋さん(73)。土地買収で地域に流れ込む資金を目指し、金融機関の預金獲得合戦もあった。
IC完成後は高速に出入りする車の渋滞が日常風景に。圏央道と高速が接続され、また車の流れに変化が出るかもしれない。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


広聴広報課
電話:042-769-8200 ファクス:042-753-7831


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.