第13回 日連大橋 懐かしいキャンプの夏 平成26年12月17日掲載記事


ページ番号1010919 


[画像]昭和35(1960)年ごろの旧日連大橋の写真(49.5KB)
[画像]現在の日連大橋の写真(49.1KB)

日連大橋はJR中央線藤野駅から歩いて10分程度。相模湖よりさらに上流の山間に架かるアーチ橋だ。
橋の南側にしゃれたコテージの日相園が立つ。50年ほど前にキャンプ場として開設した。津久井エリアの祭りを撮り続けるカメラマン天野暁子さん(71)=相模原市緑区青根=は若いころ、仲間5〜6人でここに泊まった。
駅から急な坂道を下り、橋を渡ってキャンプ場に向かった。「ちょうど夏で、ボートに乗りました。今も日連大橋のそばを通るたびに、不思議とこのときのことを思い出します」。ちょっと遠くを見るような目に、心なしか華やぎが浮かぶ。同じように楽しかったキャンプの記憶を持つ人はきっと大勢いるに違いない。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


広聴広報課
電話:042-769-8200 ファクス:042-753-7831


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.