第11回 キャンプ淵野辺 現在は宇宙開発の拠点 平成26年11月19日掲載記事


ページ番号1010917 


[画像]キャンプ淵野辺の返還式典の写真(44.5KB)
[画像]現在のキャンプ淵野辺の跡地の写真(50.0KB)

1972(昭和47)年4月に相模原市渉外課長に就任した柚木(ゆぎ)敬(たかし)さん(84)は、わずか1カ月後に「戦車闘争」のまっただ中に放り込まれた。米軍相模総合補給廠(しょう)で修理した戦車のベトナムへの輸送を阻止しようと市民団体などが反対運動を展開。渉外課長は基地問題の市側の窓口であり、激動の日々が続いた。
市内5カ所の米軍基地の返還運動も繰り広げられており74(昭和49)年11月、キャンプ淵野辺の返還式典が開かれた。「大変でしたが、『ああ、やった』と達成感があった。市民総ぐるみの返還運動の成果だと思う」と柚木さん。現在、跡地には県立弥栄高校や相模原球場、宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパスなどが立つ。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


広聴広報課
電話:042-769-8200 ファクス:042-753-7831


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.