第9回 ナベトロ 復興需要受け砂利運ぶ 平成26年11月5日掲載記事


ページ番号1010915 


[画像]相模川の砂利採取で活躍したナベトロの写真(48.7KB)
[画像]中州の写真(49.4KB)

昭和10年代、相模川の磯部の河原(相模原市南区磯部)から小田急線相武台前駅を結んで川砂利を運ぶトロッコが走った。「相武台のナベトロ」と呼ばれるこの軌道のルートを解明したのが「相武台のナベトロ遺跡をたどる会」。
戦後も復興や東京五輪へ向かうコンクリートの需要増を背景に、ナベトロが走ったという。同会代表幹事の安藤和次郎さん(75)=南区相武台=は中学生のころ、河原で砂利を採取する砂利船の音を聞き、採掘跡の砂利穴で遊んだ。「ナベトロは地域の歴史遺産であり、多くの人に知ってほしい」と安藤さん。

「たどる会」の成果は相模原市立博物館研究報告第21集にまとめられている。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


広聴広報課
電話:042-769-8200 ファクス:042-753-7831


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.