第6回 昭和橋 洪水に備え三重の土手 平成26年10月15日掲載記事


ページ番号1010912 


[画像]以前は渡し船が行き来した地点に設けられた昭和橋の開通当時の様子(49.8KB)
[画像]相模川の写真(49.6KB)

昭和橋が架かる相模川から1キロメートル弱。現在は相模原市立麻溝小学校が立つあたりで、光明学園理事長の中島保さん(83)は、1930(昭和5)年に生まれた。昭和橋は、その翌年に完成した。
「私が小さいころ、父親と一緒に相模川に行き、上流から流れてくる木を集めたのを覚えています」。集めた流木を牛車に乗せて自宅に運び、かまどに使った。川岸には洪水に備え、川に近い側から「一番土手」「二番土手」「三番土手」と呼ばれる三重の堤防が設けられていたという。

昭和橋の約500メートル上流には国道129号の新昭和橋が、さらに上流に圏央道相模原愛川インターチェンジの橋が6月完成した。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


広聴広報課
電話:042-769-8200 ファクス:042-753-7831


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.