第3回 相模大野駅 戦後はダンスホールも 平成26年9月17日掲載記事


ページ番号1010909 


[画像]再開発が行われる前の小田急線相模大野駅前の写真(49.2KB)
[画像]現在の相模大野駅前の写真(49.6KB)

小田急線相模大野駅周辺の戦後の様子について、近くに住む有泉健一さん(68)は、「米軍医療センターがあり朝鮮戦争の負傷兵が運び込まれていた。昭和25年ごろ、駅のそばにダンスホールがあって米兵と日本の女性が入って行く姿を、学校帰りによく目にした」と思い起こす。
「その後、バブル期に町が大きく変わったのを実感した」

そのバブル期、駅周辺では「1坪3千万円」と破格の地価が取りざたされた。米軍医療センター跡地には高層マンションのロビーシティ相模大野、文化ホールのグリーンホール相模大野などが造られた。再開発は近年も行われ、昨年3月、大型商業施設ボーノ相模大野がオープンした。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


広聴広報課
電話:042-769-8200 ファクス:042-753-7831


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.