第1回 橋本 高層マンションが林立 平成26年9月3日掲載記事


ページ番号1010907 


[画像]まだ京王相模原線乗り入れ前の橋本駅南口周辺の写真(49.8KB)
[画像]今:高層マンションが目立つ現在の橋本駅南口周辺の写真(49.8KB)

元会社員の村田孝さん(66)=緑区下九沢=は、趣味のカメラで橋本駅周辺の変貌を約30年間にわたって撮影してきた。
「イオンやミウィ橋本といった大型店や高層マンションが次々と建ち、個店が減った。七夕まつりなど伝統行事もある町だが、大型店が増えて地域のつながりにも変化が起きている」
カメラを手にするようになったきっかけは宮ケ瀬ダム建設工事。消えてゆく中津渓谷や周辺の集落を目にして、「地域の移り変わりを写真に残したい」との思いに駆られた。
橋本周辺では、リニア中央新幹線駅が計画されている。「リニアへの期待と、今の町のままであってほしい気持ちの両方がある。これからの町の変化も写真に収めていきたい」

橋本駅は1990(平成2)年、京王相模原線が乗り入れ開発が加速した。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


広聴広報課
電話:042-769-8200 ファクス:042-753-7831


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.