南区 区長談話室


ページ番号1019874  最終更新日 令和4年7月6日


6月20日 第72回“社会を明るくする運動”〜犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える 地域のチカラ〜

相模原南保護区保護司会の田所会長と役員の皆様が、内閣総理大臣からの「社会を明るくする運動」のメッセージを携えて、南区役所にお越しくださいました。
この運動は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と立ち直りについて理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、明るい地域社会を築くための全国的な運動です。昭和26年から始まり、今年で72回目となります。
犯罪や非行の背景には、望まない孤独や社会的孤立等、社会における様々な「生きづらさ」などが存在しています。今回のメッセージでは、「生きづらさ」を抱える人、再出発を図ろうとする人の誰もが社会に受け入れられるよう、社会全体がそれぞれの立場で創意工夫を凝らしながら、包摂的な社会を実現していくことが呼びかけられています。
南区といたしましても、引き続き保護司会の活動を支援するとともに、犯罪のない安全で安心なまちづくりを目指し、尽力してまいります。
なお、相模原南保護区保護司会では、社会を明るくする運動の象徴であるひまわりを昨年に引き続き田所会長を先頭に保護司の皆様で育てておられ、今年のひまわりは既に花を咲かせていると伺いました。また、小学校等へひまわりの種の配布も行われており、その花が南区内に数多く咲き、それと同時に「生きづらさ」に寄り添う人と人との支え合いの輪も広がっていくことを心から願っています。

[画像]田所会長と区長の写真(116.8KB)
[画像]メッセージの写真(100.1KB)

6月15日 「移動式子どもの遊び場」に行ってきました

第1回「移動式子どもの遊び場」が相模大野の相模女子大学グリーンホールの多目的ホールで開催され、私も見学してきました。
この日は梅雨の時期らしい霧雨でしたが、小さなお子さんを連れた10組の親子連れが参加していました。会場にはプレイリーダーと呼ばれる遊びのお手伝いをしてくれる方がいて、遊具の使い方や安全の配慮、集団で遊ぶ時の声掛けをしてくれていました。会場を元気に走りまわり、家庭には無い大きな遊具を好奇心いっぱいに楽しんでいるお子さんの姿や親子で一緒に遊んでいる様子を拝見し、とてもほほえましく感じました。
子どもは、遊びを通じて創造性や人間関係を学び、豊かな心が育まれていくと思っています。
「移動式子どもの遊び場」は、各区合わせて今後5回開催されます。子育てに頑張るパパやママの皆さん、未来を担う子どもたちが健やかに育つよう「移動式子どもの遊び場」に参加されて遊びのヒントをもらってみてはいかがでしょうか。

[画像]遊びの広場 当日の写真(301.2KB)

6月11日 タウンミーティング「まちかど市長室」が開催されました

市民の皆さまの声がしっかり伝わる身近な市政を実現するため、市民と市長が直接意見交換を行うタウンミーティング「まちかど市長室」が大野中公民館で開催されました。
この日は、公募でお申し込みいただいた4名の皆さまと市長が「相模原市行財政構造改革プラン」をテーマに意見交換を行い、私も出席させていただきました。
参加者の皆さまからは、シビックプライド、生涯学習、児童館、学校給食、道路補修、横断歩道・信号機などについて、様々な視点からご意見をいただき、市側からは、それぞれに対する市長の考えや具体的な市の取組状況についてご説明いたしました。
私も皆さまの生の声をしっかりと受け止め、今後も区民の皆さまと対話を重ね、南区に、住んでいて良かった、住み続けたいと思っていただけるように、地域課題の解決や魅力あるまちづくりに取り組んでまいります。
区内では、今後、2会場で開催する予定です。開催につきましては、市ホームページ、広報さがみはらなどでお知らせいたします。

[画像]意見交換の様子(239.3KB)

6月9日 愛川町「春日台センターセンター」視察

6月9日、愛川町にある「春日台センターセンター」へ市長及び三区の区長らで視察に行ってきました。
ここは昭和から平成の時代に、団塊の世代とそのジュニア世代にまで親しまれたものの、廃業してしまったスーパーマーケット【春日台センター】のあった場所だそうです。
 年齢・性別・職業等を問わず多様なバックグラウンドを持つメンバーにより構成された住民参加型のワークショップ「あいかわ暮らすラボ(通称:あいラボ)」が立ち上げられ、子どもから高齢者までの幅広い世代が集まるコミュニティ拠点として「センター化」することが検討された結果、福祉サービスと地域サービスを複合した民間施設である「春日台センターセンター」が誕生したとのことです。
センターは3棟に分かれており、まず目に飛び込んできたのは一番手前の棟の「洗濯文化研究所」と名付けられた大型コインランドリー。障害を持つ方々の就労の場としても活用されています。真ん中の棟は春日台名物のコロッケ、コーヒーやビールが販売される売店となっており、テラスや縁側でお茶を飲むイメージで作られたそうです。奥の棟には、高齢者福祉サービスや障害福祉サービスの事業所があり、3棟の屋根は繋がっていて、2階は寺子屋と称した学びの場になっていました。
多くの木材が使用され、木のぬくもりを大切にされたこのセンターは、地域の多世代の方が笑顔で心地よく過ごせる居場所となっており、魅力的なまち・施設づくりの大きなヒントを得ることができました。
現在、南区でも多くの方にご参加いただいている「相模大野ワークショップ」において、相模大野駅周辺のまちづくりについての検討が進められておりますが、このセンターも参考にしながら、相模大野が多くの方々にとって、交流と魅力あふれるにぎわいのあるまちとなるよう、取組を進めてまいりたいと思います。

[画像]見学の様子(48.8KB)
[画像]集合写真(46.0KB)

6月8日 厚生労働大臣表彰及び交通栄誉章緑十字金章を受賞された 鈴木貴市さんが市長と面会されました

南区旭町で理容店「ヘアーサロン すずき」を営む鈴木貴市さんが、「生活衛生功労者に対する厚生労働大臣表彰」と「交通安全功労者に対する交通栄誉章緑十字金章」の受賞報告のために市長と面会されました。
「交通栄誉章緑十字金章」は、多年にわたり交通安全活動に尽力し、抜群な功績があった功労者に対して授与されるもので、今回相模原市で受賞したのは鈴木さんお一人です。鈴木さんは、理容業の傍らで「相模原南交通安全協会」の会長を務められ、南区の交通安全のために献身的に活動されています。こうした活動が認められ、本業と地域活動の両方で表彰されるという快挙を成し遂げたことを心から祝福するとともに、これまでの活動に深く感謝申し上げました。鈴木さんからは、今後も区役所と連携しながら、南区の交通事故防止などに取り組んでいきたいとのお言葉をいただきました。地域の皆様の活動の積み重ねが、南区の安全・安心を支えていただいていることを改めて認識した一日でした。

[画像]集合写真(337.9KB)

5月30日 相模女子大学の若プロ活動紹介の講義に参加しました

相模女子大学人間社会学部社会マネジメント学科、学科長であり、南区区民会議の会長でもある井坂聡(いさか さとし)教授のご厚意により、同学科の新入生約100名の必修科目である『地域で学ぶ社会のしくみ』で、昨年に引き続き、南区の地域活動における相模女子大学在学生の活動紹介が取上げられ、私も参加させていただきました。
講義で取上げられた内容は、南区役所が事務局となっている南区若者参加プロジェクト実行委員会(通称、若プロ)について、昨年、この講義がきっかけで、実行委員会のメンバーとなり、現在副委員長を務めている学生が自ら活動紹介をするというものでした。
講義では、若プロの「南区に関わる若者が南区をよりいいまちにしようという考えのもと、まちづくりを行う活動」について、コロナ禍や収束後に予定されている活動などの紹介とともに、副委員長が1年間体験した行政や地域の方たちとの関わり合いについて、当事者ならではの体験談や若者らしい感性などを織り交ぜた素晴らしい内容となっていました。
また、出席した学生が南区のまちづくりについて、興味や関心を持って真剣な表情で受講している様子が、とても印象に残りました。
南区では、若い世代のまちづくりへの参画促進のため、今後もさまざまな取組を行っていきます。引き続き、南区の取組に関心を持っていただくとともに、ぜひとも、多くの若者が若プロの活動に参画していただけると幸いです。

[画像]若プロ活動紹介の講義中の写真(151.7KB)

5月22日「令和4年 相模の大凧まつり題字表彰式」〜令和2年「輪風」、令和4年「命風」

5月22日(日曜日)に「令和4年 相模の大凧まつり題字表彰式」が相模の大凧センターにて開催され、私も出席をしました。
本来ならば、題字表彰式は5月の「相模の大凧まつり」の前日に開催されていますが、この3年間は、コロナによる影響を配慮し、大凧まつりが開催されなかったため、表彰式も行われていませんでした。そのため、今回は題字の公募が行われた令和2年と令和4年の入選者の表彰式を一緒に開催することとなりました。
会場に入ると、ピアノの軽やかな音色がお出迎えをしてくれました。この素敵な演奏は、新磯地区在住の小園春子さんによるものでした。
演奏に使われたグランドピアノは、今年の春に相模大野駅でステーションピアノとして市民の皆様に演奏をして頂いたもので、小園さんの奏でる音色によって、表彰式に鮮やかな彩りが添えられました。
表彰式は、相模の大凧まつり実行委員会の川崎勝重実行委員長と、相模の大凧まつり名誉会長である本村市長のあいさつの後、当日出席された入選・佳作者5名の方に対し、本村市長より色紙とミニ凧が手渡されました。
色紙は、本村市長が1枚1枚に題字と応募者の名前を揮毫(きごう)したもので、ミニ凧は、大凧まつり実行委員会の前実行委員長で大凧製作の名人として知られる川崎喜代治さんが製作されたものです。ミニ凧は近くで見ると、とても精巧に作られていることに感心しました。
色紙とミニ凧を受け取られた受賞者の皆様はとても嬉しそうな様子でした。
来年こそは、大凧まつりが開催され、入選された題字が大空に舞い上がることを願っております。
受賞者の皆様、本当におめでとうございました。

[画像]集合写真(118.4KB)

5月4日ボーノ相模大野よさこい祭りが開催されました

5月4日に相模大野にあるボーノ広場で開催された、「ボーノ相模大野よさこい祭り」に伺いました。
このお祭りは、ボーノゴールデンウィークフェスティバルの一つとして開催されたもので、当日は市内を中心に活動している4チームを始め、市外から参加したチームも含め、計11団体が参加されました。
各チームとも、バラエティに富んだ衣装・アレンジされた様々な楽曲と力強い演舞が披露され、とても素敵な時間を過ごすことができました。
また、今回の企画は「相模大野の街を元気に!」をテーマに開催されたとのことで、いつもより賑やかな相模大野を感じることができ、とても嬉しく思いました。

[画像]写真01(48.3KB)
[画像]写真02(45.8KB)

4月16日 タウンミーティング「まちかど市長室」が開催されました

4月16日(土曜日)市民の皆さまの声がしっかり伝わる身近な市政を実現するため、市民と市長が直接意見交換を行うタウンミーティング「まちかど市長室」が、東林公民館と相武台公民館で開催されました。
この日は、2会場で合わせて12名の皆さまと市長が「相模原市行財政構造改革プラン」をテーマに意見交換を行い、私も出席させていただきました。
参加者の皆さまからは、テーマに沿って市の財源や市民協働に関することをはじめ、道路、公園、図書館、避難所などの整備等について、様々な視点からご意見をいただき、市側からは、それぞれに対する市長の考えや具体的な市の取組状況についてご説明いたしました。
私も皆さまの生の声をお聞きできる貴重な機会を得ることができ、区民の身近な存在として、区役所の果たす役割が重要であることを再認識いたしました。
今後も、区民の皆さまと対話を重ね、地域課題の解決や魅力あるまちづくりに取り組んでまいります。

[画像]会場の様子(137.2KB)

4月12日 南区合同庁舎1階ロビーに大凧「命風」が展示されました

南区合同庁舎の1階ロビーには、相模の大凧文化保存会から贈られた大凧(9尺2.7M×2.7M)が展示されています。毎年、5月に開催される「相模の大凧まつり」に合わせて、新しい題字に貼り替えていますが、新型コロナウイルス感染症の影響で2年ぶりの貼り替え作業となりました。

当日は、下磯部大凧保存会の荒井会長、野口副会長、大塚さんの3名がお越しになり、新しい題字「命風」へと貼り替えて頂きました。私も少し作業をお手伝いさせて頂きましたが、近くで見ると、骨組みや紙の寸法など、大凧はとても精巧に作られていることを実感しました。

本来ならば、5月に実施される大凧まつりで8間凧(14.5メートル×14.5メートル)「命風」が揚げられる予定でしたが、残念ながら今年も中止となってしまいました。大空に舞う「命風」の大凧を見ることはできませんが、南区合同庁舎と新磯公民館の2カ所には貼り替えられた大凧が展示されています。
南区合同庁舎にお越しの際は、新しく展示された大凧を是非ご覧ください。

[画像]凧を貼り替える様子の写真(48.4KB)
[画像]展示された大凧「命風」と集合写真(45.0KB)

4月1日 新年度を迎えて

桜が満開となり心地良い季節となりました。新年度がスタートして、私も区長3年目を迎え気持ちを新たにしております。
南区では、今年度も「区民と共に愛着と誇りを持って、区民が躍動するまち」を目指し様々な施策に取り組んでまいります。
コロナ禍ではありますが、感染症防止対策を徹底した上での事業実施やInstagramを活用した区の魅力発信を行うことにより、区民の皆さまが南区に誇りや愛着を持って、安全・安心に笑顔で暮らすことができますよう、皆さまと力を合わせて、地域課題の解決に取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

[画像]百年桜と南区区長の写真(280.3KB)

このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


南区役所区政策課
電話:042-749-2134 ファクス:042-749-2116


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.