南区 区長談話室


ページ番号1019874  最終更新日 令和3年9月22日


9月5日 南区に大規模接種会場が設置されました!【小田急ホテルセンチュリー相模大野】

ワクチン接種を希望する方への接種を11月末までに完了させるため、南区に大規模接種会場が追加設置されました。
接種開始2日目の9月5日(日曜日)に、会場となっている小田急ホテルセンチュリー相模大野を視察しました。今回は重症化リスクの高い妊婦とその家族の皆様に安心して新たな生命を育んでいただけるよう優先接種を実施しています。そのため、会場内には授乳やおむつ替え等を行うことができる「チャイルドコーナー」を設け、子育て世代の方が接種しやすい環境となっていました。
また、接種前には副反応について説明を行い、接種に来られた方の不安感を和らげる配慮もあり、1日約1,400人の接種者が混乱することの無いよう大勢のスタッフが対応していました。
ワクチン接種が進み、新型コロナウィルス感染者が減少し、一日も早く元の生活が戻ってきますよう願っています。
なお、引き続き、マスクの着用や手洗い・咳エチケットなど一人ひとりが感染防止対策をとっていただくとともに、外出自粛につきましてもご協力をお願いいたします。

[画像]会場の写真(368.1KB)

南区オリジナル婚姻記念証及び出生記念証が完成しました

南区役所の若手職員が企画した南区の魅力がたっぷりつまったオリジナル婚姻記念証、出生記念証が完成しました。
この企画は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で披露宴を自粛されたカップルや多くの不安を抱えながら無事出産され新しい家族を迎えられた方が多い状況で、婚姻届または出生届を区内の窓口に提出された方を対象にお渡しします。
婚姻記念証は市の花「アジサイ」と相模原麻溝公園に咲き誇る「クレマチス」をあしらい、出生記念証は同公園にいる動物達が赤ちゃんを見守っているデザインになっています。記念証は写真を差し込めるようになっているので、幸せな瞬間の写真を入れることで素敵な思い出のひとつになりそうです。
また、南区合同庁舎の1階入り口には、南区イラストマップを背景にした撮影スポットがあります。婚姻記念証や出生記念証を手に、記念撮影をしてはいかがでしょうか。

相模原市南区オリジナル婚姻記念証及び出生記念証

[画像]完成した南区オリジナル婚姻記念証、出生記念証、クリアファイルの写真(40.8KB)
[画像]南区合同庁舎入口の撮影スポットで、企画した若手職員3人の写真(45.6KB)

7月7日 「相模川の帆掛け舟展示」の見学に行ってきました

相模の大凧センターで行われていました相模川の帆掛け舟展示の見学に行ってきました。
この展示は毎年6月から7月にかけて行われていますが、昨年は残念ながら新型コロナウイルス感染症の感染防止のため中止となってしまいました。今年は徹底した感染防止対策を講じた上で、6月14日(月曜日)から7月10日(土曜日)まで開催されました。
帆掛け舟は、明治時代から昭和初期にかけて、造船用の玉石や砂利・生活物資などを運ぶ運搬船として活躍していました。陸運の発達に伴って姿を消しておりましたが、昭和58年に磯部民俗資料館近くの農家で帆が見つかったことから、復元を行い、現在は相模原市磯部民俗資料保存会が保存しています。
復元された帆掛け舟は全長8mもあり、美しく帆を張った舟を間近で見ることができました。
毎年8月の第1日曜日には、新磯地区磯部の相模川において帆掛け舟の実演会が行われていましたが、昨年から2年続けて中止となっています。来年こそは実演会が開催され、皆さんとともに相模川で大きく帆を広げ、風を受けて滑るように進む帆掛け舟の勇姿が見られることを心待ちにしています。

[画像]相模の大凧センターでの下薗所長と南区長の写真(48.9KB)
[画像]帆掛け舟の写真(45.2KB)

7月4日 第22回 東林 小さなサマーコンサート

「東林 小さなサマーコンサート」が開催され、私も鑑賞させていただきました。
昨年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、このコンサートも中止となり、今年の開催にあたっても、練習は思うようにできなく、名称も「小さな」とし、入場者制限を行い感染防止を徹底するなど大変ご苦労されての開催でした。
東林地区では、駅周辺の通りにフルート通りやピッコロ通りなど楽器名がつけられており、音楽をテーマとしたまちづくりを推進しています。
この催しは、音楽を身近な場所で親しむ機会となり、東林地区における音楽文化の向上や魅力あるまちづくりにもつながるものと感じております。
一日も早くコロナが収束し、東林地区のあちこちで素敵な歌声や演奏が響き、皆さんが笑顔いっぱいになれるよう願っています。

[画像]コンサートの様子(345.9KB)

6月8日 第71回“社会を明るくする運動”〜犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える 地域のチカラ〜

相模原南保護区保護司会の田所会長と役員の皆様が、内閣総理大臣からの「社会を明るくする運動」のメッセージを携えて、南区役所にお越しくださいました。
この運動は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と犯罪や非行をした人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、安全で安心な明るい地域社会を築くための全国的な運動です。昭和26年から始まり、今年で71回目となります。
今回のメッセージでは、コロナ禍で、望まない孤独や社会的孤立などの困難を克服するためには、人と人との絆や、他の人の苦しみも我が事として救いの手をさしのべるコミュニティの存在が大切であるとされています。また、他者への思いやりを基本とし、立ち直ろうとする人を地域の輪に迎え入れて、誰もが取り残されずにやり直して輝ける社会を構築することが重要とされています。
南区といたしましても、引き続き保護司会の活動を支援するとともに、犯罪のない安全で安心なまちづくりをめざし、尽力してまいります。
なお、相模原南保護区保護司会では、田所会長を先頭に保護司の皆さんで約2000個のひまわりの種を蒔き、現在は約1メートルまで成長しているそうです。太陽に向かって明るく強く成長する「ひまわり」は社会を明るくする運動のシンボルマークとなっています。皆さんもひまわりの花を見つけたら、更生保護について思いを寄せていただけると幸いです。

[画像]写真1(45.7KB)
[画像]写真2(48.2KB)

5月19日 頑張れ!ノジマステラ神奈川相模原

[画像]写真(45.8KB)

令和3年9月に開幕する日本初の女子プロサッカーリーグ WEリーグに参入するノジマステラ神奈川相模原の激励に南区新戸にあるノジマフットボールパークに行ってきました。
リーグ名称の「WE」は「Women Empowerment」の略で、「女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する」という理念が込められているそうです。
その理念のとおり、キャプテンの松原選手、副キャプテンの平田選手をはじめ、夢に向かい練習に励むステラの選手たちはキラキラと輝いていました。
WEリーグの一番星(ステラはイタリア語で星という意味だそうです)を目指し、挑戦するノジマステラ神奈川相模原を応援しましょう!

5月17日 相模女子大学の若プロ活動紹介の講義にオンラインで参加しました

[画像]相模女子大学の若プロ活動紹介の講義の様子(46.7KB)

相模女子大学社会マネジメント学科の新入生、約120名の必修講義である『地域で学ぶ社会のしくみ』で、南区の地域活動における相模女子大学在学生の活動紹介の講義が開催され、私もオンラインで参加させていただきました。
講義は、南区役所が事務局となっている南区若者参加プロジェクト実行委員会(通称、若プロ)について、同会の実行委員長自らが活動紹介をするというもので、当事者ならではの体験談や若者らしい感性などを織り交ぜ、90分という講義が短く感じる程の素晴らしい内容となっていました。
出席していた学生の様子もリアルタイムで拝見していましたが、多くの若者が南区のまちづくりについて、興味や関心を持って真剣な表情で受講していました。
今回の開催は、社会マネジメント学科の学科長であり、南区区民会議の会長でもある井坂 聡(いさか さとし)教授のご厚意とご協力によるものでした。
伺った話では、実行委員長が学内で偶然、井坂教授と会われた際に「若プロに相模女子大学のメンバーが少ない」という話になり、そこから、わずか数週間で講義の開催に至ったということです。
偶然や、人と人との信頼関係から生まれるこのような機会こそ、まちづくりの醍醐味と言えるかもしれません。
南区では、若い世代のまちづくりへの参画促進のため、今後もさまざまな取組を行っていきます。引き続き、南区の取組に関心を持っていただくとともに、ぜひとも、多くの若者が若プロの活動に参画していただけると幸いです。
(写真は、少し見えづらいですが、冒頭の私の挨拶の様子です。)

4月1日 祝 東海大相模高校 春のセンバツ 優勝!

[画像]決勝当日の様子写真(200.0KB)

第93回選抜高等学校野球大会(春のセンバツ)において、東海大学付属相模高等学校が決勝に進出し、市長の代理として私も応援に行ってきました。
試合は、相手チームに先制される展開でしたが、ナインは粘り強く戦い抜き、9回裏サヨナラ打で、3対2で勝利するという劇的な幕切れとなりました。
同校にとって、10年ぶり3度目の優勝ということです。コロナ禍で、思うような練習ができなかったことと思いますが、決勝の舞台で、日頃の成果を発揮し、素晴らしいプレーを見せてくれた球児たちに心から拍手を送りたいと思います。
南区の地元の学校が甲子園で活躍し、今回優勝したことの喜びはひとしおです。南区にとっても幸先の良い年度のスタートになり、希望の持てる年となりそうです。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


南区役所区政策課
電話:042-749-2134 ファクス:042-749-2116


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.