市政を語る会 平成25年度 第1回「未来のさがみはらについて」、第2回「さくらを通したまちづくりについて」


ページ番号1011116 


第2回「さくら」を通したまちづくりについて語る

[画像]「さくら」を通したまちづくり活動に取り組むグループの皆さんと加山市長(82.4KB)

写真は、「さくら」を通したまちづくり活動に取り組むグループの皆さんと加山市長
(相模原・町田大学地域コンソーシアム、相模原青年会議所、大島観光協会、藤野町山岳協会、桜山を愛する会、大和ハウス工業 計6グループ)

意見交換の主な内容

団体からの活動紹介(一部抜粋)

市長からのメッセージ

各地域で、さまざまな団体が、桜を通した活動に取り組んでおられます。
市の発展のためにご活躍いただいている皆さんのお話をお聞きし、たいへん心強く思います。
相模原市にはいろんな地域に桜の名所があるわけですが、これを守り、多くの市民の方に知っていただく、また、市外にも発信していくことが大事だと考えています。
桜を通して人の輪が広がり、相模原市の力にもなっていくということをつくづく感じました。
それぞれの地域で、相模原の桜の名所づくりに向け、これからもご貢献いただけたらと思います。
市といたしましても、皆さんと連携して「桜のまち・相模原」をつくってまいりたいと考えております。
今後ともご協力をよろしくお願いします。

第1回「未来のさがみはら」について

[画像]第1回の様子(98.2KB)

意見交換の主な内容

市長からのメッセージ

相模原市は、将来の発展が望める大きなプロジェクトがいくつもあり、全国の市町村の中でも、可能性を秘めた都市です。
その大きなプロジェクトとして、リニア中央新幹線の新駅が橋本駅付近に決まり、小田急多摩線の延伸、JR相模線の複線化、さがみ縦貫道路(圏央道)の整備など、広域的な交通網の整備も進められています。
交通網の整備だけではなく、魅力的な施設をつくることによって人が集まることになります。また、インターチェンジ周辺等に企業誘致をすることで雇用が増え、市の産業も活性化します。
皆さんは普段、生活をしていて気づかないかもしれませんが、相模原市は大きく変貌していこうとしています。
こうした取組は、昨日や今日始まったものではなく、皆さんのおじいさん、おばあさん、お父さん、お母さんが、自分たちの住むまちを良くしていこうと頑張ってきたおかげで、一つひとつの形となって表れてきたものです。
「自分たちのまちはこうしたい」というのは、市民の皆さんで決めていくものあり、これからの相模原市をつくっていく主役は、皆さんです。
将来ぜひ、まちづくりに参加して、相模原を支える力になってもらいたいと考えています。

小学生からの質問、意見


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


広聴広報課(広聴班)
電話:042-769-8299 ファクス:042-730-5258


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.