住民票の写しの様式の変更について


ページ番号1005959  最終更新日 令和4年1月11日


平成29年1月4日から住民票の様式が変更され、住民票が個人単位で記録されるようになりました。これにより、住民票の写しは次の2種類の様式で作成されます。

A:個人票の住民票

個人単位で作成される住民票の様式です。
転出や死亡等により除票となった場合、個人票の住民票を交付します。また、氏名・本籍・筆頭者など各項目の変更の履歴が必要な場合も、個人票の住民票を交付します。
※除票となった住民票の保存期間は、令和元年6月20日の住民基本台帳法施行令の一部改正により、削除日から150年に延長されており、保存年限が150年となったもの(平成26年4月1日以降に除かれたもの)につきましては、令和4年1月11日から、その写しの交付が可能となります。ただし、すでに保存期間を経過し廃棄された除票は、今後も交付できません。

B:世帯連記式の住民票

1枚につき最大4人まで同一世帯の人を連記する様式で、必要な人の最新の情報を記載します。
原則として、住民票の写しは世帯連記式で交付します。
※転出や死亡等で消除された人は、世帯連記式の住民票の写しには記載されません。
※自動交付機やコンビニ交付では、世帯連記式の住民票の写しのみ交付します。個人票の住民票は交付できません。

[画像]新しい住民票のレイアウトの説明図(46.1KB)

関連情報


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


緑区役所区民課(住民基本台帳班)
電話:042-775-8803 ファクス:042-770-7008

中央区役所区民課(住民基本台帳班)
電話:042-769-8227 ファクス:042-769-7037

南区役所区民課(住民基本台帳班)
電話:042-749-2131 ファクス:042-749-2255


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.