脱毛エステを契約したが、通えないので解約したい


ページ番号1020054  最終更新日 令和3年5月13日


脱毛エステを契約したが、予約が取れないのでやめたいという相談が寄せられています。
近年はひげ脱毛も身近になっており、女性だけでなく、男性からの相談も増えています。
また、施術による火傷や痛みなど、皮膚トラブルが発生することもあります。
契約する際は、事前に脱毛のリスクを調べ、契約先や施術方法を慎重に検討しましょう。

相談事例

事例1

脱毛に興味があり、大学の友人に相談したところ、友人も通っているエステサロンを紹介された。無料のカウンセリングを受け、脇などの脱毛エステを15万円で契約した。
予約はサロンのサイトでできるが、埋まっていることも多く、思うように通うことができない。親に相談したら、そもそも15万円は学生の自分には高すぎる契約ではないかと言われた。少しでも返金してもらえないか。

事例2

皮膚科でひげのレーザー脱毛の施術を受けている。これまで数回通ってきたが、先日の施術後にほほの赤みが目立つようになった。今はレーザーを当てられた部分が火傷のような状態になっている。施術した病院に相談すると、時間はかかるかもしれないが、跡は残らないと説明されたが、もう通いたくないので契約をやめたい。

アドバイス

相談窓口

相模原市民の方

それ以外の方 

消費者ホットライン 電話188(局番不要)
最寄りの消費生活センターにつながります。


消費生活総合センター
電話:042-775-1779 ファクス:042-775-1771


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.