新型コロナウイルス感染症に便乗した悪質商法にご注意を!


ページ番号1019232 


新型コロナウイルス感染症の拡大による消費者の不安な気持ちに便乗した悪質商法が今後発生する可能性があります。

今後懸念される事例

不審な勧誘に関する事例(1)

「マスクがないと大変なことになる。今なら半額の●万円で購入できる」という高額でマスクを売りつけようとする電話があった。

不審な勧誘に関する事例(2)

「新型コロナウイルス感染症の予防に効果がある健康食品が開発された。この電話を受けた人は優先的に購入できる。」という内容の電話があった。

不審なメールに関する事例

マスクを無料で配布するという内容が電話番号宛のメールで届いた。URLが記載されているが、クリックしても問題ないか。

不審な電話・訪問に関する事例(1)

厚生労働省の職員を名乗り、費用を負担するので新型コロナウイルス感染症の検査を受けるよう電話があり、名前や住所などの個人情報を聞かれた。

不審な電話・訪問に関する事例(2)

市役所の職員を名乗る人が自宅に来訪し、義援金を求められた。

アドバイス

不審な勧誘について

健康食品は医薬品のように十分品質管理されたものではなく、有効性や安全性が検証されているとは限りません。

不審なメールについて

URLにアクセスすると、偽のウェブサイトに誘導され、個人情報やパスワードといった情報を詐取される可能性があります。

不審な電話・訪問について

厚生労働省がご家庭に連絡をすることはありません。

市役所が電話や直接訪問して義援金を求めることはありません。

相談窓口

新型コロナウイルス感染症について

帰国者・接触者相談センター 電話042-769-9237
一般電話相談窓口(コールセンター) 電話042-769-8204

悪質商法、消費者トラブルについて

消費生活総合センター 電話042-776-2511


消費生活総合センター
電話:042-776-2598 ファクス:042-776-2814


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.