平成27年度に実施した講座・イベント一覧


ページ番号1008569  最終更新日 平成30年1月12日


消費者月間記念講演会「ヒヤリ・ハットする、くらしに潜む危険」〜製品事故から身を守り、最悪の事態を防ぐために〜(5月)

毎年5月は「消費者月間」として、全国的に消費者・事業者・行政が一体となって消費者問題に関する啓発・教育など様々な取組を実施しています。本市では、消費者月間事業として、製品事故に関する講演会を行い、電気製品に関する事故事例の紹介や事故防止についての心がけについてお話いただきました。

[画像]講演会の写真1(17.0KB)
[画像]講演会の写真2(29.5KB)

夏休み子ども消費者教室(8月)

夏休みの期間にあわせて、体験学習等により消費者として必要な知識を身につけることを目的に、子ども向けの消費者教室を開催しました。
本年度は、独立行政法人国民生活センター相模原事務所を会場に「計量の啓発」、「消費者行動の啓発」及び「商品テスト施設見学」の講座を実施しました。

[画像]1時間目「棒はかりを作ってみよう!」の写真(30.6KB)
[画像]2時間目「おつかいすごろくで楽しく学ぼう!遊園地スタンプラリー」の写真(28.0KB)
[画像]3時間目「独立行政法人国民生活センター商品テスト施設見学」の写真(28.2KB)

くらしの講座(9月)

日常生活に関わる様々な問題をテーマに、私たちの“消費生活”をより楽しく、より豊かにする情報をお届けする「くらしの講座」を開催しました。
今年度は、健康に過ごすための食生活や、市内で発生している悪質商法、プロ直伝のお掃除術について、3回連続の講座で学んでいただきました。

【第1回】

【第2回】

【第3回】

会場:相模台公民館 コミュニティ室
参加者:延べ81名

[画像]くらしの講座 第1回の様子の写真(29.8KB)
[画像]くらしの講座 第2回の様子の写真(29.7KB)
[画像]くらしの講座 第3回の様子の写真(33.6KB)

第47回みんなの消費生活展(10月)

[画像]第47回みんなの消費生活展の写真(81.8KB)

参加者に消費者としての知識や判断力を身につけていただくため、消費者団体や企業、学校などが展示や実演を通じて、取引・契約、食・健康、環境等、毎日の暮らしに役立つ情報を発信しました。クイズラリーに参加した人には、景品をプレゼントしました。

消費者と事業者のくらしの問題交流会(11月)

[画像]交流会の様子の写真(30.7KB)

例年、市民の関心の高い消費者問題について、関連する事業者団体やNPO法人などを講師に、消費者保護への取組や、トラブルの事例を紹介した上で、消費者と事業者の意見交換をする「消費者と事業者の暮らしの問題交流会」を行っています。
今年度は、「明るい老後に!高齢者向け住まいの選び方」をテーマとして、様々な高齢者向けの住宅や施設について、入居する際に気をつけたいポイントや消費者保護に関する取組等をわかりやすくお話しいただき、意見交換を行いました。

相模原市・生活協同組合ユーコープ共同講演会(11月)会津の小さな乳業メーカーの生きる道〜安全・安心・おいしいを届けるために〜

[画像]講演会の写真(70.9KB)

東日本大震災による被害を受けた乳業メーカーと観光果樹園社長の風評被害打開の道を模索中の「現状」と、徹底した食品の「安全チェック」などの取組、福島の今を語っていただきました。
また、講演会場内において、福島のご当地グルメ「なみえ焼きそば」やふくしまの郷土料理「いかにんじん」をはじめとした、福島県産物品などを販売するとともに生活協同組合ユーコープがこれまで行ってきた被災地支援の取組について、パネル展示を行いました。
※売上金はユニセフを通じて被災地支援募金に寄付しました。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


消費生活総合センター
電話:042-775-1779 ファクス:042-775-1771


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.