相模原市居住支援協議会について


ページ番号1023945  最終更新日 令和4年6月15日


目的

住宅確保要配慮者(低額所得者、被災者、高齢者、障害者、子供を育成する家庭その他住宅の確保に特に配慮を要する方。)の増加が見込まれる中で、民間の空き家や空き室も増加していることから、これらを活用することにより住宅確保要配慮者の入居を拒まない民間賃貸住宅の供給を促進することを目的として、平成29年に住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律(以下「住宅セーフティネット法」という。)が改正され、新たな住宅セーフティネット制度が設けられました。
こうした背景から、本市では、新たな住宅セーフティネット制度を構築する柱の一つとして、市、不動産関係団体及び居住支援団体等で相模原市居住支援協議会を設立し、「住宅確保要配慮者のマッチング・入居支援」を行うべく、協議を行っています。

設立年月日

令和2年12月23日

所掌事項

構成

関連ページ


建築・住まい政策課(住宅政策班)
電話:042-769-9817 ファクス:042-757-6859


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.