終身建物賃貸借制度


ページ番号1015003 


終身建物賃貸借制度とは、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づく制度で、高齢者が死亡するまで終身にわたり継続し、死亡時に終了する賃貸借契約をすることができるものです。
相模原市内において終身建物賃貸借事業を実施し、住宅を賃貸しようとする場合は、相模原市長の認可が必要となります。

関係法令

要綱・様式

終身建物賃貸借制度の概要

1.入居者

入居者の条件

次のアイ双方の要件を満たすことが必要

ア 入居者本人が60歳以上であること。
イ 入居者本人が単身であるか、同居者が配偶者若しくは60歳以上の親族であること。

2.住宅の設備

住宅の基準

段差のない床、浴室等の手すり、幅の広い廊下等を備えたもの等

3.契約

(1)高齢者が死亡した場合の同居者の継続居住

同居者は、高齢者の死亡後1カ月以内の申出により継続居住が可能

(2)賃貸借契約が解約される事由

ア 入居者からの解約の申入れ

イ 認可事業者からの解約申入れ

(3)その他

※書類審査等に時間を要しますので、事前にご相談ください。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


建築・住まい政策課(住宅政策班)
電話:042-769-9817 ファクス:042-757-6859


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.