登山中にけがや具合が悪くなった場合の119番通報


ページ番号1008853 


登山中にけがや具合が悪くなった場合の119番通報について

通信指令員が通報者に確認する内容

  1. 通報者や助けが必要な人のいる場所
    入山ルート、目標となる景勝地などからの距離、付近の道標(道しるべ)の記載内容・管理番号など
  2. 事故の概要
    けが人の発生か急病人の発生か
  3. 電話番号関係
    通報者以外の携帯電話番号の有無とその台数、それぞれの電話の電池残量、GPS情報が取得できるか
  4. 助けが必要な人の状況
    年齢、性別、意識の有無、けが等の程度、体格など
  5. 同行者の有無、装備品の状況
    パーティ人数、食料の状況、防寒対策(冬季)、笛やライトの所持状況、持参している地図
  6. 通報者がいる場所の気象状況
    降雨の状況や視界の状況
  7. 案内人の状況
    案内人がいるかどうか、いる場合はどの地点から案内が可能か

※通報状況によって、確認する内容や優先順位が変わることもあります。

[画像]山での救助のイラスト(63.8KB)

このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


指令課
電話:042-751-9111 ファクス:042-751-9284


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.