文化財防火デーに伴い宗教法人亀ケ池八幡宮で消防訓練を実施しました


ページ番号1018524 


相模原消防署では、令和2年1月23日(木曜日)、宗教法人亀ヶ池八幡宮において、文化財の火災予防対策及び文化財愛護に関する意識の高揚を図り、火気管理の徹底を促進することを目的として消防訓練を実施しました。

訓練実施場所

宗教法人亀ヶ池八幡宮(相模原市中央区上溝1678番地1)

訓練参加機関

訓練内容

亀ヶ池八幡宮の本殿から出火し、市指定文化財へ被害が生じることを想定としたもので、亀ヶ池八幡宮関係者による119番通報、初期消火、避難誘導及び市指定文化財の搬出を実施するとともに、通報を受けた消防部隊により消火活動が行われました。
市民共有の財産である文化財等を火災、震災その他の災害から守るため、消防署と文化財管理者が連携して訓練を行うことで、防火意識の向上に繋がる訓練となりました。

[画像]訓練中の写真1(59.5KB)
[画像]訓練中の写真2(46.0KB)

このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


相模原消防署警備課
電話:042-751-0119 ファクス:042-751-9114


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.