さがみはらの女性消防〜女性が増えると、消防はもっとやさしくなる。〜


ページ番号1013649 


皆さん、「消防士」と聞くと、どのような姿を思い浮べますか?
体格がよく体力のある力強い男性の消防士を想像しませんか?
もちろん体格のよい力強い消防士もたくさんいますが、消防士は男性だけでなく女性の消防士もいることを皆さんご存知でしょうか。

私たちが所属する相模原市消防局では746(再任用短時間勤務職員除く)名の消防吏員うち、30名が女性の消防士なのです。(令和2年4月1日現在)
全国的にもまだまだ知名度が低い女性消防士ですが、一人でも多くの人に私たちの存在を知っていただけたらいいなと思い、このコーナーで女性消防士関連の記事を掲載していきます。

第15回 「消防情報人物紹介」インタビュー!! この人に聞いてみたい

相模原市消防局のゲンキな女性 Vo.2 鈴木 真実子さん

[画像]鈴木さんの写真(288.8KB)

平成31年に採用され、今年で2年目を迎える鈴木真実子さん。
現在は緑が丘分署の消防隊に配属されています。
学生時代は消防団で活動をしていたという鈴木さんに、同じ緑が丘分署で勤務する伊奈さんがインタビューします。

友人の事故をきっかけに…

伊奈消防士(以下、伊奈):消防士を志したきっかけを教えてください。
鈴木消防士(以下、鈴木):
友人を水難事故で亡くしたことです。つらく、悲しい思いをする人を1人でも減らしたいと思い消防士を志しました。
伊奈:消防団に入団したのもその事故がきっかけですか?
鈴木:はい。消防士になる前に、少しでも消防の知識を身につけたいと思い地元消防団に入団しました。消防操法を学び、消防の基本技術を身につけることができました。
また、火災予防にも携わり、人の為に働く素晴らしさを改めて実感し、消防士になりたい気持ちがより一層高まりました。

[画像]消防操法は火災消火を想定した基本動作です。基本的な器具操作や動作の習得を目指すことを目的としているミン(95.3KB)

一分一秒でも早く災害現場に行くため…

伊奈:現在消防隊に配属されていますが、大変なことはありますか。
鈴木:空気呼吸器等の装備に加えて重い資機材を搬送することに苦労しています。
災害現場では、一分一秒を争い迅速さを要求されるため、訓練のほか休憩時間や休日なども、ランニングや筋力トレーニングをしています。
消防の現場は常に緊張感がありますが、地域の役に立っていると実感できたとき、やりがいを感じます。

[画像]訓練中の写真(174.2KB)

女性にもチャレンジさせてくれる組織!

伊奈:鈴木さんが感じる相模原市消防局の良さはなんですか。
鈴木:
男女の区別なく活躍できるところです。相模原市消防局では女性の消防隊が7名おり、隊長をつとめている方もいます。
また、とても風通しの良い職場で、仕事の相談からプライベートな話まで何でも話せる先輩方がいます。

[画像]相模原市では女性消防職員30名中、7名が消防隊で活動しています。 写真からも雰囲気の良さが伝わってくるミン(122.8KB)

一人でも多くの人の力になれる消防士を目指して…

伊奈:鈴木さんの今後の目標を教えてください。
鈴木:
消防隊だけでなく救急隊としても活動する機会があります。今後も様々な分野で学び、一人でも多くの人の力になれる消防士を目指していきたいです。

[画像]消防車との写真(194.7KB)

相模原市消防局では、女性消防職員が様々な分野で仕事に取り組んでいます。
大変なこともありますが、同時にやりがいも感じられる職場です。あなたも相模原市消防局で一緒に働きましょう!お待ちしています!

【記事作成】令和2年7月30日 緑が丘分署2部消防隊 佐々木

※本記事は撮影のため一時的にマスクを外しています。




このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


消防総務課
電話:042-751-9105 ファクス:042-786-2471


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.