浄化槽の清掃(津久井地域)


ページ番号1008358  最終更新日 令和3年8月27日


清掃の申し込みについて

浄化槽を管理する方は、法律により年1回以上(全ばっき方式は年2回以上)浄化槽の清掃を行う必要があります。

浄化槽の清掃区域を定めて浄化槽清掃事業者に許可をしていますので、直接浄化槽清掃事業者にお申込ください。

(注)城山地区の「川尻・城山・原宿・町屋」にお住まいの人で申し込み事業者が不明な方は、津久井クリーンセンター(電話 042-784-2711)までご連絡ください。

浄化槽清掃補助制度について

清掃料金について

津久井地域に設置された浄化槽の清掃料金に対して、市が補助金を交付しています。補助制度では、浄化槽の方式や人槽(大きさ)に基づき設定された補助基本額(清掃料金)から管理者負担額(旧相模原市の区域での負担と同額)を差し引いた額を補助額としています。
補助金の交付にあたっては、市から浄化槽清掃許可業者に補助額を直接支払う「受領委任払い制度」を活用しています。

なお、適正な維持管理をしていない浄化槽については、別途割増料金がかかる場合があります。

代表的な清掃料金の例は次のとおりです。

合併処理浄化槽

単独処理浄化槽

清掃料金の支払い方法について

浄化槽清掃許可業者に直接「市民負担額」または「事業者負担額」を現金で支払っていください(補助額は、市から浄化槽清掃許可業者に直接支払います)。

補助金の交付申請について

浄化槽清掃許可業者が浄化槽清掃にお伺った際に、申請書を持参しますので必要事項を記入し、浄化槽清掃許可業者に提出してください。

清掃作業にご協力をお願いします

(注)ご注意ください。

浄化槽をお使いのみなさまへ

浄化槽の清掃を長い期間行わないと、槽内に増えすぎた沈殿物や汚泥が残り、浄化槽機能が低下し、汚物があふれて河川を汚したり、悪臭でご近所に迷惑をかけることになります。浄化槽の清掃は、「浄化槽法」では、次のとおり清掃回数が義務づけられています。

全ばっ気型

半年に1回以上

腐敗型、分離ばっ気型、合併型

1年に1回以上

浄化槽の点検・検査

浄化槽は、微生物の働きを利用して汚水を浄化しています。このため、浄化槽の適正な維持管理(保守点検、法定点検、清掃)が大切です。
浄化槽の保守点検は、市に登録した浄化槽保守点検業者に委託することができます。また、浄化槽の法定検査(年1回)は、一般財団法人日本環境衛生センター(電話 044-288-5225)へ直接申し込んでください。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


津久井クリーンセンター
電話:042-784-2711 ファクス:042-784-2199


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.