第3次一般廃棄物処理基本計画の策定に係る答申について


ページ番号1015618  最終更新日 平成30年12月7日


平成29年8月22日に市長から廃棄物減量等推進審議会に対し、「一般廃棄物処理基本計画の策定」について諮問を行いました。
これを受けて、審議会において審議を重ねてきたところですが、このほど審議会から市長に対して答申がされました。

答申日

平成30年10月15日(月曜日)

内容

坂本堯則審議会会長から湯山副市長へ答申書が手渡されました。

[画像]記念写真(39.6KB)

内容

答申の経過

市では、平成20年3月に策定(平成25年3月改訂)した「相模原市一般廃棄物処理基本計画」に基づき、資源循環型都市の実現に向けて一般廃棄物の適正処理や4R(発生抑制・排出抑制・再使用・再生利用)を推進し、平成30年度を目標年度として「ごみの総排出量」や「市民1人1日当たりの家庭ごみ排出量(資源を除く)」などの数値目標を定め、これまで様々な施策を実施してきました。
計画期間の満了に当たり、更なるごみの減量化・資源化を推進し、安心して生活できる環境を維持・工場に向けた新たな計画の策定を行うため、このたび答申がされたものです。

今後の予定

市では、審議会からの答申を受け、計画の策定に向けた検討を重ね、12月にパブリックコメントの実施、平成30年度中に計画を策定及び公表をする予定です。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


廃棄物政策課
電話:042-769-8336 ファクス:042-769-4445


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.