津久井環境事業協同組合と市が「大規模災害時におけるし尿の収集運搬に関する協定」を締結しました


ページ番号1008376  最終更新日 平成30年1月12日


大規模災害が発生した場合に、一時的にし尿の収集運搬が困難となることが予想されることから、避難所等の仮設トイレから排出されるし尿の収集運搬に関する応援体制を構築する協定を、市内の一般廃棄物事業者団体と締結いたしました。

協定締結日

平成27年10月15日(木曜日)

内容

小山環境事業協同組合理事長と加山市長が署名し、協定が締結されました。

[画像]締結式の写真1(53.4KB)
[画像]締結式の写真2(64.4KB)

協定の趣旨

大規模災害発生時におけるし尿を迅速かつ円滑に収集運搬し、生活環境の保全と公衆衛生の確保を図るため、し尿の収集運搬業者5社で構成される津久井環境事業協同組合と協定を締結しました。
協力要請の内容は次のとおりです。
災害時に市の要請に基づいて避難所等の仮設トイレから排出されるし尿の収集運搬

お問い合わせ先

廃棄物政策課


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


廃棄物政策課
電話:042-769-8336 ファクス:042-769-4445


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.