粗大ごみの出し方


ページ番号1008322 


粗大ごみとは

粗大ごみとは、家庭から出るごみで、家具や自転車、布団など比較的大きなものや、家電製品など小さくても燃やす前に砕かなくてはならないものです。
大きさの目安は、電気製品は30センチメートル以上、それ以外のものは50センチメートル以上のものです。
また、材質や形状によっては小さなものでも粗大ごみになるものがあります。
排出するものが粗大ごみにあたるかどうかは、次の分別サイトでご確認ください。

戸別収集と直接搬入

粗大ごみは、ごみ集積場所からの定期収集は行っていません。
必ず、事前申し込みにより、自宅まで収集に伺う「戸別収集」かご自分で受入施設に持ち込む「直接搬入」かのいずれかの方法で適正に出してください。

ただ今、ごみ等の直接持込が増えています。
新型コロナウイルス感染抑制のため、各清掃工場、粗大ごみ受入施設、リサイクルスクエア、津久井クリーンセンターへの一般ごみ、粗大ごみ、資源等の直接持ち込みについては、当面の間、お控えくださるようご協力をお願いいたします。
なお、やむを得ず一般ごみ、粗大ごみ、資源等を持ち込まれる際はマスク着用のうえ、できるだけ混んでいる土曜日を避け、平日にお越しくださいますようお願いします。

なお、コンクリートブロックやレンガなど、直接持ち込みに限るものがあります。

家電リサイクル法の対象の場合

各種家電製品のうち、家電リサイクル法の対象であるエアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機は粗大ごみとして収集できません。家電販売店に引き取ってもらうようにしてください。家電リサイクル法の対象機器の排出については下記をご参照ください。

違法な不用品回収業者にご注意ください!


資源循環推進課(美化啓発班)
電話:042-769-8334 ファクス:042-769-4445


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.