食品ロス


ページ番号1013636 


[画像]食品ロスのロゴマークと内訳図(46.0KB)

期限切れや食べ残しなどにより、本来食べられるはずだったのにも関わらず廃棄される食品を食品ロスといいます。
わが国における発生量は年間約643万トン(環境省及び農林水産省平成28年度推計)といわれ、これは世界の食料援助量約350万トン(国連WFP平成28年)の約1.8倍に相当します。また、食品ロスの半分近くは一般家庭から排出されており、事業者による大量廃棄のみによらないことがわかっています。
「もったいない」の気持ちを大切に、おいしく楽しく、食べきり・使いきりを実践しましょう。

市内の家庭から出る食品ロス

次の図表は、市内の家庭から排出される食品ロスの量の推移を示したものです。
なお、令和5年度及び令和9年度の値はそれぞれ、第3次相模原市一般廃棄物処理基本計画における中間目標値及び計画目標値です。
食品ロスを減らすため、まだ食べられるものを大切に、一人ひとりにできることを実践してみましょう。

市内の家庭から排出される食品ロスの推移
年度 平成28年 平成29年 平成30年 - 令和5年 - 令和9年
家庭から排出される食品ロスの量(トン) 14,677 9,326 12,987 - 8,500(目標) - 7,900(目標)

 

[画像]市内の家庭から排出される食品ロスの量の推移を表したグラフ(38.7KB)

食品ロスを減らすためにできること

[画像]食品ロスイメージイラスト(66.8KB)

一人ひとりの心がけで、家庭から出る食品ロスはまだまだ減らすことができます。
今日からできる簡単なポイントをご紹介します。

買い物にはメモを持参

余計な物を買い過ぎないことが大切です。
メモをするときは、お店の売り場をイメージして買う順番に品物を書いておくと、さらに効果的!

週一回は冷蔵庫をチェック

冷蔵庫の中に何が入っているのか把握しておけば、余計な買い物を防げます。

「賞味期限」と「消費期限」の違いを知る

賞味期限は「おいしく食べられる期限」なので、過ぎたからといってすぐに食べられなくなるわけではありません。五感で判断しましょう。

どうしても出てしまう生ごみは

調理くずなど、最後にはどうしても発生してしまう生ごみも、できる限り減量させましょう。「生ごみダイエット」のポイントを紹介しています。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


資源循環推進課(美化啓発班)
電話:042-769-8334 ファクス:042-769-4445


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.