東海大学付属相模高等学校ラグビー部・男子バレーボール部が 全国大会出場を市長に報告しました


ページ番号1021410 


全国大会への出場が決定した東海大学付属相模高等学校のラグビー部・男子バレーボール部が市長に意気込みを報告しました。
ラグビー部は令和2年12月27日(日曜日)から開催される「第100回全国高等学校ラグビーフットボール大会」へ5年ぶり9回目の出場、男子バレー部は令和3年1月5日(火曜日)から開催される「第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会」へ2年ぶり4回目の出場をします。
ラグビー部の吉田輝雅主将は「全国大会出場のチャンスを得られたので、活躍できるよう頑張りたい。」、男子バレーボール部の榎本航己主将は「県の代表として恥ずかしくない戦いをしたい。」、同じく西山大翔選手は「県内の学校の思いを背負って頑張りたい。」と意気込みを話しました。
報告を受けた市長は、「新型コロナウイルスの感染症の影響で、満足に練習もできなかったことと思う。一人ではできない競技なので仲間に感謝し、頑張ってもらいたい。皆さんの活躍は市民にとって励みになる、活躍を期待しています。」と選手を激励しました。

[画像]東海大学付属相模高等学校ラグビー部・男子バレーボール部による全国大会出場報告の様子(76.4KB)

このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


スポーツ課(スポーツ振興班)
電話:042-769-9245 ファクス:042-754-7990


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.