坂井丞選手が世界水泳選手権大会 飛込競技 入賞及び東京2020オリンピック競技大会 飛込競技 出場内定を市長へ報告


ページ番号1019177 


令和元年7月12日〜20日に開催された「第18回世界水泳選手権大会 飛込競技」で入賞し、東京2020オリンピック競技大会 飛込競技への出場が内定(内定第1号)した坂井丞選手(中央区在住)が市長へ報告を行いました。
坂井選手からは「世界水泳選手権大会では、個人競技でハイレベルな選手が揃う中、シンクロ競技に目標を絞って挑んだ。その結果、寺内選手とのこれまでの経験が生きてオリンピック出場内定第1号を決めることができた。」と報告がありました。
本村市長は、「世界水泳選手権大会での入賞、オリンピック出場内定おめでとうございます。シンクロ競技は難易度の高いスポーツだと思うが、寺内選手と心をひとつに頑張ってほしい。市民からの期待も大きい、是非相模原の誇りを持って挑んでもらいたい。」と激励の言葉を述べました。
また、坂井選手はさがみはらグリーンプールを拠点に行っている練習やトレーニングの様子に加え、また幼少の頃から飛込競技に取り組んでいたエピソードなどをお話され、「オリンピックの飛込競技では、日本はこれまでメダルを獲得していないため、日本で開催される今回、メダル獲得第1号になれるように頑張りたい。」と大会への意気込みを語りました。

[画像]記念写真(57.7KB)

このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


スポーツ課(スポーツ振興班)
電話:042-769-9245 ファクス:042-754-7990


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.