3.中村家住宅主屋(なかむらけじゅうたくしゅおく)


ページ番号1010117  最終更新日 令和3年6月24日


[画像]中村家住宅主屋(なかむらけじゅうたくしゅおく)(72.3KB)

内容

中村家住宅主屋は、南区磯部字勝坂にある幕末期の和洋折衷住宅です。建築当初は3階建てでしたが、関東大震災後に3階部分は取り除かれ2階建てとなっています。
建築を手がけたのは鎌倉大工の石井甚五郎で、10年の歳月をかけ完成したと伝えられ、詳細な板図が残されています。
建物の特徴は、1階が整形四間取りとし、西側に式台玄関を設け、外観は和風の要素でまとまっています。
2階は、外壁を海鼠壁(なまこかべ)とし、洋風の要素として軒を曲線の白漆喰で塗りこめ、正面に縦長の窓を配しています。

※海鼠壁 壁に四角い瓦を斜めにならべ、その継ぎ目をしっくいで盛り上げて白く塗ったもの。

参考文献

相模原市教育委員会 2015 「国登録有形文化財中村家住宅主屋旧三階部材確認調査報告書」
相模原市教育委員会 2001 「幕末の和洋折衷三階建て住宅ー中村家住宅ー」
相模原市教育委員会 1997 「平成8年度相模原市文化財年報」


関連情報


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


文化財保護課
電話:042-769-8371 ファクス:042-758-9036


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.