マイナンバーカードの保険証としての利用が始まりました。


ページ番号1022749  最終更新日 令和3年10月1日


一部の医療機関・薬局でマイナンバーカードの保険証としての利用が始まりました。
マイナンバーカードを保険証として利用できる医療機関・薬局は、下のステッカーやポスターが目印です。
なお、マイナンバーカードのカードリーダーが設置されていない医療機関・薬局では、引き続き保険証の持参をお願いします。

[画像]ステッカー、ポスター、厚生労働省のホームぺージでも利用できる医療機関・薬局をご案内しています。(83.2KB)

保険証利用に対応している医療機関は次のリンクページをご覧ください。

保険証利用の詳しい内容は、以下の厚生労働省ホームページをご覧ください。

保険証利用の登録について

マイナンバーカードを保険証として利用するためには、マイナポータルで登録する必要があります。

事前に準備するもの

マイナンバーカードをお持ちでなければ登録することはできません。
申請についての、詳細は次のリンクページをご覧ください。

登録方法

以下の関連ページ・動画を参照し、ご登録ください。

関連ページ

動画(YouTube)

対応のスマートフォン等をお持ちでない方でも、マイナンバーカードの顔認証付きカードリーダーが利用できる医療機関・薬局において、「保険証利用の登録」ができます(登録後にそのままマイナンバーカードで受診できます)。

また、セブン銀行のATMでも登録ができますので、併せてご利用ください。

よくある質問と回答

Q.マイナンバーカードを持っていれば、すぐに病院を受診することができますか。
A.マイナンバーカードを保険証として利用するためには、「保険証利用の登録」をする必要があります(上記参照)
原則、登録は生涯で1回のみとされており、別の病院でも、また保険証が変わっても、再登録の必要はありません。

Q.マイナンバーカードがないと受診できないのですか。
A.全ての医療機関・薬局において、従来の保険証でこれまでどおり受診できます。(保険証が使えなくなることはありません)

Q.マイナンバーカードがあれば、保険証は持たなくてもいいですか。捨ててもいいですか。
A.マイナンバーカードのカードリーダーが設置されている病院・薬局では、保険証を持たなくても受診できます。
しかし、マイナンバーカードを失くしてしまったときに備えるなどの理由から、原本として保険証は今後も発行されることになっていますので、保険証は捨てずに持っておいてください。
なお、本市では、国民健康保険証(74歳以下)は1年ごとに、後期高齢者医療保険証(75歳以上)は2年ごとにこれまでどおり郵送します。

Q.マイナンバーカードで受診できる医療機関・薬局を教えてください。
A.厚生労働省・社会保険診療報酬支払基金のホームページで、マイナンバーカードが使える医療機関・薬局の一覧がご確認いただけます。
なお、国の方針では、全国の病院・薬局に順次必要なシステムを導入し、「令和5年3月末には概ねすべての病院・薬局で導入することを目指す」とされています。

その他のよくある質問

マイナンバーカードの保険証利用についてのお問い合わせ先

※紛失・盗難等によるマイナンバーカードの利用停止は、24時間365日受付しています。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


保険企画課
相模原市国民健康保険コールセンター 電話:042-707-8111
ファクス:042-751-5444


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.