お孫さんが誕生された皆さまへ


ページ番号1022838  最終更新日 令和3年3月9日


お孫さんのご誕生おめでとうございます。

今後のお孫さんのご成長が輝かしいものとなりますようお祈り申し上げます。
お孫さんのご成長の楽しみはもちろん、お母さん、お父さんとなられた娘さん、息子さんが親として日々成長していく姿も楽しみであり、是非温かく見守っていただきたいと願っています。

お母さん、お父さんから育児の協力を頼まれたり、何か力になりたいとお考えのこともあるかと思います。「以前の子育てと今は違うから不安。」「余計なことをして怒られてしまうかも。」「息子の育児をみていると心配になってしまう。」などの声を耳にすることがあります。

まずは、育児についてどのように考えているのか、具体的にお母さんやお父さんと話をしてみてください。子育てについての共通の情報を持ち、お互いの役割を確認すると、良い関係が築けると思います。最近の育児方法については、各区の子育て支援センターにお尋ねいただくこともできますし、ご相談もお受けしています。ご家族で協力してお孫さんを育てられると良いですね。

よくある育児の今・昔

「赤ちゃんが泣いたらすぐに抱っこするのは、抱き癖がついてしまう」

赤ちゃんは抱っこされることにより基本的信頼感を得ることができます。また、泣いた時に応えてもらうことで、生きていく上での安心感を養います。たくさん抱っこをしてあげてください。

「汗をかいた後や、入浴後には白湯や果汁を飲ませるもの」

離乳食の準備(生後5〜6カ月頃)が始まるまでは、栄養を確保するために母乳・ミルクによる水分補給をしましょう。果汁等甘みのあるものを飲んでいると発育不良を起こすことがあります。

「離乳食は大人がかみ砕いた食べ物を与える。箸やスプーンを共有する」

大人の口から虫歯菌がうつります。箸やスプーンからうつることもあるので共有はしないでください。

育児に関するご相談

お母さん、お父さんが育児のことで困っていたり悩んでいることがありましたら、子育て支援センターの育児相談をご案内ください。また、育児を支えるご家族からの相談もお受けしています。
保健師、管理栄養士等が対応しています。お気軽にご利用ください。
 


関連情報


こども家庭課(保健事業班)
電話:042-769-8345 ファクス:042-759-4395


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.