就学奨励金(就学援助)の交付内容


ページ番号1019862 


就学奨励金(就学援助)の交付申請をして、交付の決定を受けた人は、次の費用について援助を受けることができます。
※義務教育学校に在籍する場合は、小学校1〜6年生を義務教育学校1〜6年生、中学校1〜3年生を義務教育学校7〜9年生と読み替えてください。

  1. 学用品・通学用品費
    文房具や靴など、学用品・通学用品に要する経費を定額で援助します。下表は、令和2年4月分から令和3年3月分の金額です。
    学年と援助額

    学年

    4月分から7月分 8月分から11月分

    12月から3月分

    小学校1年生

    3,878円

    3,876円

    3,876円

    小学校2年生から6年生

    4,636円 4,632円

    4,632円

    中学校1年生

    7,578円 7,576円

    7,576円

    中学校2年生・3年生

    8,336円

    8,332円

    8,332円

 

  1. 新入学児童生徒学用品費
    制服代やランドセル代など、新入学にあたって要する経費を定額で援助します。
    すでに入学準備金として小・中学校等の入学前に援助を受けている人は、入学後にこの経費の援助を受けることはできません。
    下表は、令和2年度の金額です。
    学年と援助額

    学年

    金額

    小学校1年生

    51,060円

    中学校1年生

    60,000円

  1. 給食費
    実際に喫食した給食費を援助します。喫食実績について学校から報告を受けて支給額を算定してから交付しますので、学校での集金等では給食費を支払っていただく必要があります。
    ただし、デリバリー給食を実施している中学校については、事前の払込みをしなくても給食を予約することができる「現物給付」となります。現物給付できなかった場合は、実費額を事後支給します。
  1. 校外活動費
    校外活動に参加した場合の経費を援助します。参加状況について学校から報告を受けて、支給額を算定してから交付します。

(1)宿泊を伴わない校外活動は、小学校は1,600円、中学校は2,310円を定額で援助します。
(2)宿泊を伴う校外活動は、交通費・見学料の実費額を援助します。

(1)(2)は、それぞれ学年につき1回の交付となります。

  1. 修学旅行費(小学校6年生・中学校3年生)
    修学旅行にかかる経費のうち、学校が定める集金額を教育委員会から学校に直接支払います。原則として、学校での集金時の支払いは不要です。

欠席によるキャンセル料は援助の対象外です。

修学旅行費の積み立てを開始している場合や、集金済みの場合は、旅行実施後に保護者に交付します。

修学旅行実施日の時点で援助の対象に当てはまらなくなった場合は、旅行実施前に旅行費用の支払いが必要となります。

  1. 通学費
    片道の通学距離が、小学校の場合は4km以上、中学校の場合は6km以上の場合、実費に相当する経費を援助します。通学状況について学校から報告を受けて、支給額を算定してから交付します。
  2. 医療費(医療機関を受診する前に手続きが必要です)
    学校保健安全法に定められた次の疾病にかかり、学校から治療の指示を受けた児童生徒の対象疾病の治療費(健康保険等の療養の対象となった費用のうちの一部負担金。生活保護(教育扶助)を受けている人は、その全額)を援助します。

原則として、市内の医療機関を受診してください。

他の医療費助成制度(小児医療証等)を利用された場合は、就学援助制度の医療費の援助を受けることができなくなります。

  1. めがね購入費等(購入等の前に手続きが必要です)
    就学奨励金の交付決定を受けた人の児童生徒のめがね購入費等を援助します。令和2年度から内容が変更されていますので、下記をご確認ください。

視力検査券について
医療機関で視力検査を受ける場合、医療機関に支払う自己負担分のうち、視力検査に係る分を援助します。

視力検査券の交付前に医療機関を受診した場合の費用の請求(償還払の請求)はできません。

視力検査券の交付前に医療機関を受診し、小児医療証を利用した場合、その際に生じた自己負担分は請求できません。

めがね購入券について
次の交付対象に当てはまる場合、めがね購入費を援助します。

9歳未満の児童が使用する治療用めがね(小児弱視等)については、加入している健康保険組合等の療養費が適用される場合は、めがね購入券の利用はできません。適用されない場合は、学務課までご相談ください。

めがね購入券をめがね店に出す前に、めがねを購入した場合は、めがね購入券を利用することはできません。また、後日に購入費の請求(償還払の請求)はできません。

めがね店の視力検査結果によるめがね作成費用を援助することはできません。

めがね購入券の交付及び利用は、各学年に1回に限ります。

コンタクトレンズ購入費用の援助について
コンタクトレンズを必要とする理由(身体的事由(例:めがねでは矯正できない強い近視、不正乱視、円錐角膜、不同視等))によって援助できる場合がありますので、学務課へ電話によりご相談ください。

コンタクトレンズについては、自己都合(例:運動部に所属しているから等)によるコンタクトレンズ購入券の利用はできません。

お問い合わせ

わからないことがありましたら、次のところへお問い合わせください。
相模原市コールセンター 電話042-770-7777 ※午前8時から午後9時まで 年中無休
所得に関することや個人情報に関することはコールセンターではお答えできませんので、直接、学務課へお問い合わせください。


学務課(就学支援班)
電話:042-769-9262 ファクス:042-758-9036


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.