市・県民税の申告をすると、医療費負担が変わります


ページ番号1018594 


70歳から74歳で、国民健康保険に加入している人は、市・県民税の申告をすることで、医療費の一部負担金の割合が「3割」から「2割」に変わる場合があります。

対象となる場合

上記の場合は税務署への確定申告の必要はありませんが、市・県民税の申告が必要です。
申告の結果、令和元年分の課税標準額(所得金額から所得控除を差し引いた額)が145万円未満になると、令和2年8月からの国民健康保険の医療費の一部負担金の割合が「2割」となります。

※世帯の国民健康保険に加入されている70歳から74歳に、一人でも課税標準額が145万円以上の人がいると、世帯の一部負担金の割合は「3割」となります。


関連情報


国保年金課
相模原市国民健康保険コールセンター 電話:042-707-8111
ファクス:042-751-5444


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.