保険証兼高齢証の有効期限について


ページ番号1007842 


保険証兼高齢証の有効期限について

現在の保険証兼高齢証の有効期限は令和3年7月31日です。有効期限の過ぎた保険証兼高齢証は無効となりますのでご注意ください。

期限内に70歳に達する場合、75歳に達する場合、退職者医療制度に該当する場合、有効期限の短い保険証兼高齢証の場合など有効期限が異なる場合があります。

令和3年7月1日までに70歳の誕生日を迎える場合

有効期限

70歳の誕生月の末日(1日生まれの方は誕生月の前月の末日)

※70歳の誕生日の翌月(1日生まれの方は誕生月)から使用できる「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証」を、誕生日の月末(1日生まれの方は、誕生月の前月末)までに世帯主あてに簡易書留(転送不要扱い)で住民登録地へお送りします。 

令和3年7月31日までに75歳の誕生日を迎える場合

有効期限

75歳の誕生日の前日

※75歳の誕生日から後期高齢者医療制度に移りますので、保険証の有効期限は誕生日の前日までです。誕生日からは、事前に送られる「後期高齢者医療被保険者証」をお使いください。

外国人住民の方で、在留期間の満了日が上記有効期限より前の方

有効期限

在留期間満了日の翌日

災害等の特別な事情がなく、保険税を滞納している世帯の方

有効期限

令和3年1月31日(以降は半年ごとの更新となります。)

保険証兼高齢証の交付方法について

住民登録地へ、世帯主あてに、加入者全員分をまとめて転送不要の簡易書留郵便で送付いたします。
配達時に不在だった場合は「郵便物お預かりのお知らせ」がポストに入りますので、郵便局の保管期間内(1週間)にお受け取りください。保管期間を過ぎると、保険証兼高齢証は、国保年金課に返送されます。お受け取りになられていない場合は、お電話でお問い合わせください。

有効期間の短い保険証兼高齢証の場合など別に更新申請が必要な場合があります。

期限の切れた保険証兼高齢証の扱い

有効期限の切れた保険証兼高齢証につきましては、はさみで裁断するなどご自身で処分(一般ごみ)するか、国保年金課、区役所区民課(中央区を除く)、各まちづくりセンター(橋本、本庁地域、大野南を除く)及び出張所にお持ちください。


関連情報


国保年金課
相模原市国民健康保険コールセンター 電話:042-707-8111
ファクス:042-751-5444


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.