医療機関の窓口で支払う一部負担金の減免制度


ページ番号1007879  最終更新日 令和3年3月2日


災害や失業、事業の不振若しくは休廃止などにより、見込み所得金額が著しく減少し、医療機関などへの一部負担金(義務教育就学以降で、かつ70歳未満の人の場合は医療費の3割)の支払いがどうしても困難になった場合、申請により3カ月を限度としてその支払いが軽減されます。

軽減の種類

軽減は、実収入月額等により、次のとおり3種類となります。

免除

1.災害で家屋に著しい損害を受け、生活が困難になったとき

災害で家屋に著しい損害を受け、生活が困難になったときは、一部負担金が免除となります。
なお、ここでいう「災害」とは、震災、風水害その他これに類する自然災害及び火災のことをいいます。
次の両方の要件を満たす必要があります。

(注)免除となる期間は、災害を受けた日の属する月を含めた3カ月間となります。

2.失業や事業の休廃止などによって世帯の見込所得額が著しく減少し、生活が困難になったとき

失業や事業の休廃止などによって世帯の見込所得額が著しく減少し、生活が困難になったときは、一部負担金が免除となります。
なお、ここでいう「失業」とは、倒産、解雇(自己の責めに帰すべき重大な理由による解雇を除きます。)及び病気等やむを得ない理由によるものとし、定年退職及び自己都合による退職は含みません。
また、「事業の休廃止」とは、病気、事業の不振、事業所の被災等やむを得ない理由によるものとし、法令違反による罰則としての事業の休廃止は除きます。
次の両方の要件を満たす必要があります。

(注1)見込所得額・・・当該年の世帯主(国保に加入していない世帯主を含む。)と国保の被保険者全員の所得見込額
(注2)基準生活費・・・生活保護基準額とほぼ同額

減額

上記2の場合で、要件1の見込所得額が基準生活費の115%を超え130%以下の場合は、見込所得額や一部負担金の支払見込額に応じて、一部負担金が20%から80%減額されます。

徴収猶予

「災害で家屋に著しい損害を受け、生活が困難になったとき」、又は「失業や事業の休廃止などによって世帯の見込所得額が著しく減少し、生活が困難になったとき」は、一部負担金の徴収が猶予されます。
「災害」、「失業」及び「事業の休廃止」の内容については、上の「免除の場合」の1及び2をご覧ください。
要件1及び要件2の両方を満たす場合又は要件3を満たす場合であって、かつ、要件4又は要件5のいずれかの要件を満たす必要があります。

手続方法について

手続きの際は状況を聞きながら書類を整えていただきますので、希望される場合は、電話にて相模原市国民健康保険コールセンター(042-707-8111)にご連絡ください。

受付窓口・受付時間

持ち物

災害で家屋に著しい損害を受け、生活が困難になったとき

失業や事業の休廃止などによって世帯の見込所得額が著しく減少し、生活が困難になったとき

当年の見込所得額等が分かるもの

〈自営業の場合〉

〈給与収入の場合〉

〈年金の場合〉

〈その他収入のある場合〉

(注1)所得計算の対象は世帯主(国保に加入していない世帯主を含む)及び該当世帯の国民健康保険被保険者全員となります。
(注2)1月〜3月に申請する場合には、当年ではなく、前年の所得額等のわかるものをご用意ください。

その他


国保年金課(給付班)
相模原市国民健康保険コールセンター 電話:042-707-8111
ファクス:042-751-5444


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.